動画

同人誌を3段陳列して遠目で見ても表紙がまるわかりになる「ぱかっとラック」レビュー


同人即売会などで同人誌を陳列する時に、テーブルに並べただけでは表紙が天井を向いてしまい、遠目で見て内容を確認できないという問題があります。そこで、同人誌を上段・中段・下段の3段に陳列することを可能にしたのが「ぱかっとラック」です。普段はカバンに忍ばせることが可能なサイズに折りたたみでき、必要な時は10秒で組み立て可能というアイテムになっているとのことなので、実際に購入して使ってみました。

同人イベント用折り畳み式陳列棚ぱかっとラック|有限会社マルダイ
http://www.marudai-corp.com/rack/index.html

ぱかっとラックを実際に組み立て&同人誌を陳列するとどんな感じなのかは以下のムービーから確認できます。

同人即売会で「ぱかっとラック」を使うとこんな感じになる - YouTube


特に何も書かれていないシンプルな箱に入った状態でぱかっとラックが到着。


箱の中には取扱説明書と本体だけが入っていました。


これがぱかっとラックの本体。折りたたみ時のサイズは縦256mm×横174mm×厚さ19mmです。


横から見るとこんな感じ。


重さは実測で678g。かさばるものではないので、カバンに入れてらくらく持ち運べそうです。


ということで、さっそく組み立てていきます。まずは本体裏面にある脚部分を引き上げます。


マグネットで接着している底板を外して……


上段の棚板を倒すとこんな感じ。


さらに、背もたれを起こしたら完成。


ということで、実際にぱかっとラックを使って、meraさんの同人誌を設置してみます。


まずはぱかっとラックを使わない状態で同人誌を陳列してみました。この状態だと、上からのぞき込むとどんな本が並んでいるのかがわかるのですが……


離れた場所から見ると何の本があるのか全くわかりません。


しかし、ぱかっとラックを使って本を陳列すると以下のような感じに。


離れた状態からでもばっちり本の表紙を識別可能です。


ぱかっとラックを使うと、上・中・下の3段にわけて同人誌を陳列することが可能です。以下の写真ではB5サイズの同人誌を各10冊ずつ並べていますが、まだ余裕があります。


B5サイズ・54ページの同人誌を上段に14冊、中段に16冊を載せてみても、下段に同人誌を重しとして載せていれば問題なく支えられました。ただし、上段にだけ同人誌を大量にのせてしまうと重みで倒れることもありそうなので注意。


後ろから見るとこんな感じです。


ということで、ぱかっとラックは効率的に同人誌を陳列したい時に便利で、かつ持ち運びにも適したサイズなので、使い勝手は非常によさそうでした。


なお、価格は税別5900円。12月生産分は完了しており、次のロットは1月中旬発売の予定となっています。

同人イベント用折り畳み式陳列棚ぱかっとラック|購入はこちら|有限会社マルダイ
http://www.marudai-corp.com/rack/store.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
コミケなどのイベント&即売会で物理的なレジが簡単に使える「レジプラ」レビュー - GIGAZINE

原稿が締切に間に合うように作業ペースを割り出してスケジューリング、毎日通知もしてくれる「同人秘書」を使ってみた - GIGAZINE

コピー機での同人誌・コピー本のプリントを詳しく解説&費用も計算できるサイトが登場 - GIGAZINE

「1冊から」「数百円で」本が出版できる「OneBooks」を使ってみました - GIGAZINE

センスではなく具体的に解説する「同人誌やイラストの美しいデザイン100」 - GIGAZINE

イラストを狙った通りの印象に仕上げるポイントを300枚以上の作例を使い解説した「同人誌やイラストを短時間で美しく彩る配色アイデア100」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.