モバイル

親のiPhoneのロックを解除して自分でクリスマスプレゼントを購入する6歳の少女現る

By Kārlis Dambrāns

iPhone 5s以降のiPhoneには指紋認証機能のTouch IDが搭載されています。生体認証なので持ち主以外が端末のロックを解除するのは一気に難しくなったはずだったのですが、寝ている母親の指でiPhoneのロックを解除してクリスマスプレゼントを無事ゲットした少女が話題となっています。

Your Children Already Know What They’re Getting for Christmas—Thanks, Internet - WSJ
http://www.wsj.com/articles/those-ads-that-follow-you-around-the-internet-are-ruining-christmas-1482507745


アメリカ・アーカンソー州在住のベサニー・ハウエルさんのもとにある日、Amazonからポケモン関連グッズに関する13件の注文確認が届きました。身に覚えのないハウエルさん夫妻は当初ハッキングを疑いましたが、「違うよママ、私が買い物をしたの」と6歳の娘・アシュリンドさんが告白。知らない間に、アシュリンドさんにAmazonで買い物をされていたことがわかりました。

アシュリンドさんによると、ソファで居眠りをするハウエルさんの指を使ってスマートフォンのロックを解除し、Amazonアプリで買い物をしたとのこと。購入したポケモングッズは13点で合計250ドル(約2万9000円)分。ハウエルさんはこれを「アシュリンドは自分でクリスマスプレゼントを購入したんです」と語っています。

結局、ハウエルさんは13点のうち4点を返品したものの、残り9点をアシュリンドさんへのクリスマスプレゼントにしたそうです。

By Vincent Teeuwen

他にも、インターネットに精通した子どもがクリスマス直前にAmazonの注文履歴から自身が受け取るであろうクリスマスプレゼントが何かを知ってしまい、母親に「違う色のものがいい」と自己申告したというエピソードなども飛び出しており、こういった子どもへの対策としてはブラウザのクッキーを削除したりオススメ機能をオフにしたり別アカウントを用意したりすることが紹介されています。

「クリスマスプレゼントを探す」といえば昔ならばタンスや押し入れの中などを探していたはずですが、技術の進歩によりチェックする場所はAmazonの注文履歴に変化し、さらに進んだ子どもは自分で注文まで済ませてしまうというのは驚くべきことです。

・関連記事
iPhoneの指紋認証はハリネズミでも登録&使用可能であることを示すムービー - GIGAZINE

スマホの最大の脆弱性は「指紋認証」にあるという指摘 - GIGAZINE

写真の中の指から指紋を複製することに成功したとハッカーが発表 - GIGAZINE

スマホの指紋認証をインクジェットプリンターで印刷した指紋で突破 - GIGAZINE

6つのステップとイラストでわかるフェイク指紋の作成方法 - GIGAZINE

切断された指ではiPhone 5sの指紋認証は突破できないことが明らかに - GIGAZINE

in モバイル,   セキュリティ, Posted by logu_ii