試食

「グラコロ」「デミチーズグラコロ」が23年ぶりのリニューアルで「超グラコロ」「超デミチーズグラコロ」に進化したので食べてみた


マクドナルドの冬の定番「グラコロ」と「デミチーズグラコロ」が23年ぶりにリニューアルし、「超グラコロ」「超デミチーズグラコロ」として2016年12月14日(水)から登場しています。同時に「シャカシャカポテト トマトクリーム」も登場していたので、まとめて食べてきました。

冬の風物詩「グラコロ」が23年ぶりに超リニューアル! リッチなソースとふんわりバンズで「グラコロ」が進化した! 「超グラコロ」「超デミチーズグラコロ」 ~さあ、五感で楽しもう。~ 12月14日(水)から期間限定販売 「シャカシャカポテト トマトクリーム」も同時販売
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2016/promotion/promo1208a.html

マクドナルドに到着。


注文後、待つことしばらくすると超グラコロ・超デミチーズグラコロ・シャカシャカポテト トマトクリームが手渡されました。


超グラコロ・超デミチーズグラコロの包み紙を開けてみます。全長123.8mmのiPhone SEとサイズを比較するとこんな感じ。


直径が小さめで高さがあるので、ころんとしたシルエットです。


超グラコロには、コロッケの表面にソースで丸く円が描かれていました。


一方、超デミチーズグラコロは、チーズの上にたっぷりとデミグラスソースがのっています。


いずれも、コロッケの下には千切りキャベツとたまごソース。


ということで、まずは超グラコロから食べてみます。


一口かじると、揚げたてでサクッとした衣からエビやマカロニが入ったクリームがとろりとあふれてきます。今回リニューアルされた大きな点は「コロッケソース」と「たまごソース」。コロッケソースは、辛いわけではないのですが、スパイスが強めの甘酸っぱい仕上がりになっており、まったりとしたクリームを引き締めていました。バンズは生クリームとバターの風味が加えられているので少し甘さを感じ、しっとりフワフワの食感。一口の中に、サクサクのコロッケとシャキシャキのキャベツ、ふわふわのバンズ、とろりとしたクリームという、さまざまな食感と味が詰まっていました。


続いて、超デミチーズグラコロを食べてみます。


コロッケやたまごソースは超グラコロと一緒なのですが、デミグラスソースとチェダーチーズが加わった超デミチーズグラコロは、よりリッチな味わい。生クリームやバターの風味が加えられたバンズと、コロッケ、ビーフをベースにしたデミグラスソースという組み合わせは、まるで洋食屋さんのような味を作り上げていました。


また、同時に登場したシャカシャカポテト トマトクリームも食べていきます。


トマトクリームのシーズニングを袋に入れたポテトにふりかけ、シャカシャカすると……


ほんのりトマトの甘酸っぱさを感じるフライドポテトが完成。「がっつりトマト」という雰囲気ではないのですが、ポテトのジャンクさとクリームのこってり感が非常に合っていました。


なお、超グラコロは税込340円、超デミチーズグラコロは税込370円、シャカシャカポテト トマトクリームはポテト単体価格+30円となっており、いずれも2017年1月上旬までの提供となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
3000円以下で揚げ物三昧を実現するTWINBIRDの電気フライヤーを使ってみた - GIGAZINE

火も電気も使わずに熱々のご飯が作れるお弁当型調理器&タンブラー「BAROCOOK」を使ってみた - GIGAZINE

Soup Stock Tokyoの「オマール海老のビスク」を家庭で再現することはできるのか? - GIGAZINE

とんかつをご飯にのせて熱々のお茶をかける「とんかつ茶づけ」を食べてみました - GIGAZINE

自販機で買えるのにお店レベルの缶スープ「贅沢デミグラススープ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.