生き物

ハリー・ポッターの組分け帽子にあやかった名前が新種のクモに付けられ、作者のローリングも祝福

By Sonny Abesamis

インドで発見された新種のクモは、その「奇妙な姿形にぴったりな名前」ということで、小説ハリー・ポッターにあやかった名前が付けられることになりました。どうしてハリー・ポッターにちなんだ名前なのかは、クモの姿を見れば一発で分かります。

A NEW SPECIES OF DRY FOLIAGE MIMICKING Eriovixia ARCHER, 1951 FROM CENTRAL WESTERN GHATS, INDIA (ARANEAE: ARANEIDAE)
http://indianarachnology.com/ija/wp-content/uploads/2016/12/ija_2016_v5_n1_2_p7_24_27.pdf

インドのWestern Ghatsで新種のクモが発見されました。正面から見るとこんな感じ。


横から見るとこんな感じ。この新種のクモは、映画「ハリー・ポッターシリーズ」中に登場した組み分け帽子のような形の体を持っています。


枯れ葉に絡まって擬態している様子。


作中で、ハリーは組み分けの最中に「スリザリンはだめ」と呟き、組分け帽子はハリーの声を聞き入れてグリフィンドール寮であることをハリーに告げます。何とも奇妙な形をした新種のクモは、グリフィンドール寮の名前のもとである魔法使い「Godric Gryffindor(ゴドリック・グリフィンドール)」にちなんで「Eriovixia Gryffindori」と名付けられました。


なお、「新種のクモにハリー・ポッターにちなんだ名前が付けられた」というニュースは、ハリー・ポッターの作者のJ・K・ローリングさんにも伝わり、「本当に誇らしいわ。魅惑的な新種の生き物の発見、おめでとう!」とツイートして、新種のクモの発見を祝福しています。

・関連記事
いよいよハリー・ポッターのホグワーツ魔法魔術学校をUSJに完全再現した「The Wizarding World of Harry Potter」の城の内部などが公開へ - GIGAZINE

「ハリー・ポッター」シリーズ20周年を記念して大英図書館が特別展を開催決定 - GIGAZINE

映画「ハリー・ポッター」で使用されたグリフィンドール談話室やホグワーツのセットなどを見学できる「The Making of Harry Potter」 - GIGAZINE

「ハリ-・ポッター」執筆中に作者が使った貴重なイスがオークションに登場 - GIGAZINE

「ハリー・ポッター」という名前のせいで人生を狂わされた青年 - GIGAZINE

カーボンナノチューブ入りの水を吹きかけられたクモが地球上最高強度のクモの糸を生成 - GIGAZINE

in 生き物,   映画, Posted by logv_to