試食

ビーフ・オン・ビーフで肉の味をかみしめる「かるびマック」をマクドナルドで食べてきました


テキサスバーガー」「ベーコンポテトパイ」「チーズカツバーガー」など、過去の人気バーガーを期間限定で復活させていたマクドナルドが、2016年11月22日(火)からはビーフパティに「かるび」を組み合わせた「ビーフ オン ビーフ」のハンバーガー「かるびマック」を提供開始します。復活シリーズの最後を飾るバーガーになっているとのことなので、同時に提供開始される「マックフルーリー ティラミス」と一緒にお店で食べてきました。

~マクドナルド45周年記念~ “みんなの愛で大復活”いよいよフィナーレ! ジューシーなお肉の味を堪能できる 「ビーフ オン ビーフ」のバーガーが15年ぶりに帰ってきた! 第4弾「かるびマック」が大復活 11月22日(火)から期間限定販売
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2016/promotion/promo1117a.html

「By McSWEETS」に、プチ贅沢な冬のスイーツが新登場 濃厚なソフトクリームに風味豊かなティラミスソースとココアケーキを トッピングし、ティラミスの大人の味わいを表現 「マックフルーリー ティラミス」 11月22日(火)から期間限定販売
http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2016/promotion/promo1115a.html

マクドナルドに到着。


まずはかるびマックを注文すると、待つこと数分で手渡されました。牛の顔が描かれたパッケージに入っています。


開封。


直径は全長123.8mmのiPhone SEよりも一回り小さいくらいで……


高さは5分の2ほど。


バンズを外してみると、パティの上にはカルビ肉がのっています。


カルビ肉はピリ辛のタレに漬け込んであるとのことで、よく見るとニンジンなども入っていました。


さっそく食べてみます。


カルビ肉が漬け込まれているピリ辛のタレは濃厚で、甘めに仕上げられた焼き肉のたれっぽい感じ。パティの厚みがやや薄めなので「ものすごく肉々しい」というほどではないのですが、ジューシーなカルビ肉には「肉を食べた!」という満足感があります。パティの下にシャキシャキのレタスとスイートレモンソースが敷かれているため、単なる「焼き肉バーガー」となっておらず、ほんのりと香るレモンやマヨネーズっぽいまったり感が「なつかしのマクドナルドの味」を作っていました。


続いて、マックフルーリー ティラミスを食べていきます。


カップのフタを外してみると、アイスクリームだけでなくスポンジケーキのようなものも入っていました。


ソフトクリームとエスプレッソが混ぜてあるだけかと思いきや、マスカルポーネチーズが使われているとのことで、濃厚さがあり、確かに「ティラミス」の味です。


スポンジケーキはほんのりココア風味で、シフォンケーキよりは密な食感です。アイスクリームと一緒に食べるとティラミスっぽさがさらに増しグッド。ティラミスは洋酒が使われていることもありますが、マックフルーリー ティラミスにお酒の要素は見当たらず、甘すぎず苦すぎずなので、子どもでも食べられそうでした。


なお、かるびマックは単品が税込390円で12月中旬までの提供予定、マックフルーリー ティラミスは税込290円で2017年1月上旬までの提供予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
肉&肉でトマトとチーズを挟み込んだ「ワイルドアウト」をShake Treeで食べてきた - GIGAZINE

ステーキをそのままドンと挟んだ佐世保バーガー「長崎和牛ステーキバーガー」を食べてきました - GIGAZINE

100%植物原料なのに焼くと肉汁がしたたり味も匂いも肉そのものな「Impossible Foods」 - GIGAZINE

もはや自立できない程に凶暴な巨大ハンバーガーを「Zark’s Burgers」で食べてみた - GIGAZINE

肉らしさ全開のシャックバーガーを日本初上陸の「シェイク シャック」で食べてきた - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

アメリカのファストフードはマクドナルド以外にもハンバーガーだらけ - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.