乗り物

自動運転カーによるドライバーレスなレース「Roborace」の開発車がついにサーキット周回実験を公開


大手自動車メーカーやGoogleなどのハイテク企業によって自動運転カーの開発競争が行われていますが、開発競争はレースの世界でも盛んです。ドライバーのいない自動運転カーによるレース「Roborace」が、プロジェクト発表から約1年経った2016年11月12日についにサーキットでの無人走行試験を衆人環視の下で行いました。

Roboraceの開発車両「DEVBOT」が、ドライバーレスでサーキットを爆走する様子は以下のムービーで確認できます。

Inside Roborace — Episode 3 - YouTube


モロッコのマラケシュでRoboraceの自動運転モードの走行試験が行われました。


マラケシュのハッサンサーキットが舞台。


「ついに無人のRoboraceマシン『DEVBOT』がサーキットを走行します。これは歴史的な出来事です」と語るのは、Roboraceプロジェクトのマーケティングトップのジャスティン氏。


まずは、ドライバーを乗せた状態での自動運転モードのテスト。基本的にドライバーは運転操作を行わず、危険な状態に陥った場合に緊急的にDEVBOTを制御するのみです。


「自律運転モード」をON。


ドライバーはハンドルから手を離しつつ、ハンドブレーキやロールバーにしっかりとつかまって準備が完了。


「ドン」と音を立ててDEVBOTがスタートしました。


遠くから聞こえてくるDEVBOTの走行音に「数秒で来るぞ」とジャスティン氏は興奮気味。


快調に走行するDEVBOT。


ドライバーを乗せたテスト走行は無事成功しました。


「明日はさらに重要な一日になります」と話すのは、技術部門トップのブリン氏。


翌日行われたドライバーを乗せない無人走行のテストは、多くの関係者が立ち会う中で公開されました。


世界初となるDEVBOTによるサーキットの無人走行試験は、フォーミュラE関係者や地元の一般人、テレビ局のクルーなど多くの人が見守る中で行われました。


コース上でそのときを待つDEVBOT。もはやドライバーは乗っていません。


スタッフが緊張の面持ちで見守る中……


グリーンランプが点灯。


DEVBOTがスタートしました。


ピットロードでは、自動的に制限速度をキープするように速度が制御されています。


デニスCEOは「個人的にエキサイティングです」と興奮を抑えきれない様子。


コースに入ったDEVBOTは徐々にスピードを上げていきます。


もちろんコックピットにドライバーはなし。


自動的にステアリングが回転してコーナーをクリアーしていきます。


1周目が終了。


コースサイドから拍手が送られます。


4周目終了。


「最速タイムだ」


全開ラップの10周を含む、全12周の走行試験は見事に成功に終わりました。


「今日のテストの成功はRoboraceにとって記録的な出来事です」


「2015年11月26日にRoboraceプロジェクトを発表しました。今日は2016年11月12日。1年経たない間にここまで到達したのです」と、ジャスティン氏はRoboraceプロジェクトに手応えを感じている様子。


見事に無人でのサーキット走行を成功させたDEVBOTの開発はさらに続いてきます。Roboraceは電動のF1「フォーミュラE」の2016/2017年シーズンに合わせてレースが行われる予定で、予定通りに行けば2017年夏までにRoboraceが開催されそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無人で人工知能がバトルを繰り広げる「ロボレース」をフォーミュラEが開催 - GIGAZINE

NVIDIAがPascal世代の新GPU「TESLA P100」&ディープラーニング用スパコン「DGX-1」を発表 - GIGAZINE

アウディの自動運転カーがサーキット本気アタックで時速240kmをマーク - GIGAZINE

最高時速100kmであらゆる2輪バイクを自律走行可能な驚異のロボット「MOTOBOT ver.1」走行ムービー - GIGAZINE

佐藤琢磨が緊急参戦する電動のF-1「フォーミュラE」開幕戦の北京に行ってきました - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.