×
ネットサービス

Twitterが嫌がらせ対策として特定キーワード・ハッシュタグ・絵文字などでフィルタリング可能に

By The LAMP

Twitterが、同サービス上で横行するいじめやハラスメントといった「嫌がらせ」への対策としてミュート機能と報告システムに変更を加えることを発表しました。

「嫌がらせ」への対処の現状 | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/ja/2016/1016safety

ミュート設定の詳細オプション | Twitterヘルプセンター
https://support.twitter.com/articles/20175040

Progress on addressing online abuse | Twitter Blogs
https://blog.twitter.com/2016/progress-on-addressing-online-abuse

Twitterは、嫌がらせに対する新しい処置として「ミュート機能」を通知にも対応させる変更を行います。ミュート機能は、見たくないツイートをする他ユーザーを非表示にする機能のことで、ブロックとは違い「相手にミュートしたことがばれない」という特徴があります。

Twitterはミュート機能を強化し、ユーザーによって指定された「単語」「フレーズ」「絵文字」「ハッシュタグ」がユーザー宛のツイートに含まれていた場合において、そのツイートを「通知」しないように変更しました。また、特定のキーワードやハッシュタグをミュートすると、それらを含む返信や@ツイートに他のユーザーがいいね、リツイート、返信、引用ツイートなどをしたときも通知されなくなります。


ただし、単語やフレーズといったキーワードやハッシュタグのミュートは「通知」だけに適用され、「タイムライン」や「検索結果」にはこれまでと同じように表示されるとのことです。

さらに、ユーザーがTwitterのポリシーに違反する行為を見かけたときに報告しやすいように、報告機能もユーザーが直接報告できる対処プロセスに変更されます。

Twitterが定める「嫌がらせに関するポリシー」は「人種、民族、出身地、性的指向、性別、性同一性、信仰している宗教、年齢、障碍、疾病などを理由とした他ユーザーへの攻撃行為」です。

Twitterは、ミュート機能や報告プロセスの強化だけでなく、同社のサポートチームに嫌がらせに関するセッションやトレーニングを定期的に行っていきます。

なお、今回の変更は数日中に実装されるとのことです。

・関連記事
Twitterを創業したジャック・ドーシーCEOがTwitterの未来を語る - GIGAZINE

3200万件分のTwitterアカウント情報(ユーザー名・パスワード・メールアドレス)が売買されていることが明らかに - GIGAZINE

Twitterの6秒動画アプリ「Vine」がモバイル版アプリの提供終了を発表 - GIGAZINE

TwitterやInstagramから情報収集&監視できるシステムにCIAが投資 - GIGAZINE

Twitterが身売り先を探し中で10月中に決定へ、候補はディズニー・セールスフォース・Googleの親会社 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by darkhorse_log