モバイル

DELLが「ノートPC級のIntelプロセッサ搭載のWindows Phoneを開発中」とのリーク情報、一方では静観論も


スマートフォン関連のリーク情報を発信している人物が、DELLがノートPCクラスの処理能力を持つIntelプロセッサを搭載したWindows Phone端末を開発しているという情報を発信しました。Windows Phoneの新作を心待ちにしている人にはグッとくるニュースですが、情報の真偽をめぐってTwitterなどではさまざまな見方が乱れ飛んでいます。

Dell was reportedly working on an Intel-powered Windows phone
https://www.neowin.net/news/dell-was-reportedly-working-on-an-intel-powered-windows-phone

この情報をリークしたのは、複数のメディアで端末の新情報を発信しているEvan Blass氏(@evleaks)です。Blass氏は以下のようにWindows Phoneと思われる端末の画像と共に「ノートPC級のIntelプロセッサを搭載、グッとくる?」という内容をツイート。


画像の端末には、Windows Phoneらしきロゴがホームボタンの位置に配置されるなど、Windows Phoneであることが明らかなモデル。さらに、Thurrott.comの記事では、関係者の情報としてこの端末がDELL製であるとも報じられています。


このツイートに対して驚きをもって受け止めるフォロワーがいる一方で、その信憑性に疑問を表明するフォロワーがいるなど、反応は2つに分かれている状況。「いいコンセプトだ。でもそれだけ」というリプライに対してBlass氏は、「単なるコンセプトではない。続報に乞うご期待」というコメントとともに、別の4枚の画像を発信しました。


公開された画像がこちら。いかにも「コンセプトイメージ」という雰囲気も感じられる4枚の画像で、詳細な情報はほとんど何も判明しない内容とも言えます。


さらに、この画像を見た人からは「左上の画像にあるノートPCのようなものは何だ?」という別の疑問が湧いていたり、指のあたりに画像の乱れが見られることから「やっぱりフェイク(偽)の画像だ」という声が挙がったりと、思わぬ方面へ話題が展開しつつあるという状況も。


Neowinはこの情報に対し、端末に搭載されるであろうWindows 10 MobileはIntelのx86系プロセッサをサポートしないことや、Intelがモバイル分野へ注力しない方針を発表している事などを理由に、「期待するには時期尚早」という態度を示しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
日本国内で買える「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォン総まとめ - GIGAZINE

ノートPC型ドックと連携可能なWindows 10 Mobile搭載スマホ「HP Elite x3」が日本でも登場 - GIGAZINE

Microsoftの最新スマホ「Surface Phone」の開発が進行中で2016年にも登場する可能性 - GIGAZINE

「Windows 10 Mobile」ではWin32アプリケーションも動作か - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.