モバイル

「iPhone 7」を19歳のハッカーが速攻で脱獄(ジェイルブレイク)

By Maurizio Pesce

2016年9月16日に発売されたばかりの「iPhone 7/7 Plus」ですが、最新OSのiOS 10を搭載した同端末をさっそくジェイルブレイク(脱獄)することに成功したハッカーが登場しています。

Teen Hacker Says He Jailbroke The iPhone 7 in Just 24 Hours | Motherboard
http://motherboard.vice.com/read/iphone-7-jailbreak


Hacker claims to have jailbroken iPhone 7 in just 24 hours, but don’t expect it to be released | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2016/09/22/iphone-7-jailbreak-ios-10/


iOS 10を搭載したiPhone 7の脱獄に成功したのは19歳のディベロッパーであるルカ・トデスコさん。彼はiOS 8.4.1向けの脱獄ツール「Yalu」の開発者であり、これまでに複数バージョンのiOSを脱獄することに成功してきた人物でもあります。そんなルカさんは、「挑戦から24時間以内にiPhone 7の脱獄に成功した」と語っています。

ニュースメディアのMotherboardがルカさんにインタビューしたところ、「Appleは非常に熱心にiPhone 7を作成しましたが、これは100%安全な端末とは言えません」とiPhone 7のセキュリティ面は完璧ではないと指摘。

iPhone 7の脱獄に成功した際、ルカさんは自身のTwitterアカウントである@qwertyoruiopz上で「これが脱獄に成功したiPhone 7」とツイートしています。ツイートに添付されているのはターミナル画面。


さらに、脱獄に成功していることを示すため、ルカさんは脱獄したiPhone向けのアプリストアであるCydiaがiPhone 7で動作している様子の写真を公開。


さらにムービーでも実際に動作しているところを公開しています。

iPhone 7 Jailbroken by qwertyoruiop - YouTube


「iPhone 7+iOS 10」という最新の端末およびOSの組合わせの脱獄に成功したルカさんですが、「Appleが(自分が見つけた脆弱性に対する)パッチを配布するまで脱獄の詳細な方法を公開するつもりはありません」とコメント。また、脱獄した端末はデバッグ作業を行うのに適しているとのことで、そのために脱獄したiPhone 7を使用することも明かしています。ただし、Appleは既にiOS 10.1のベータ版テストを行っており、Apple関連のニュースを取り扱う9to5Macは「このアップデートでルカさんが使用した脆弱性へのパッチも施されるだろう」としています。

なお、Appleは自社製品の中で見つかったセキュリティ面における脆弱性をユーザーが報告した場合、最大20万ドル(約2000万円)の報奨金を提供する報奨金プログラムを2016年8月に発表しており、ルカさんは脱獄に使用した脆弱性を報告すれば報奨金を受け取ることができると見られます。ただし、Apple側への報告は現在のところ行っていないようです。

・関連記事
「iPhone 7/7 Plus」速攻実機フォトレビュー、デザインの細部はどう変化したのか? - GIGAZINE

「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラの威力がわかる高画質写真公開、AppleのクックCEOも認める - GIGAZINE

iPhone 7 Plusバラバラ分解レポート、最新技術満載の中身はこんな感じ - GIGAZINE

耐水性能搭載の「iPhone 7」がどれくらい水に強いのか潜水テストを実施、驚くべき防水性能が判明 - GIGAZINE

「iPhone 7」を削ってあぶって折り曲げるテストの様子がさっそく公開される - GIGAZINE

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」がついに登場、耐水機能を搭載しイヤホンジャックが消える - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画,   セキュリティ, Posted by logu_ii