取材

女子高生AIりんながMicrosoftのブースで人工知能ラップ&ファッションチェックを披露


Microsoftが開発した人工知能「りんな」はLINEやTwitterでサービスを展開している女子高生AIです。Microsoftのディープラーニング技術と機械学習クラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせたというAIエンジンを搭載しているりんなが、東京ゲームショウ2016に出展中のMicrosoftのブースに登場し、ファッションチェックやラップを歌うなどの新機能を披露しました。

りんな
http://rinna.jp/

りんなの部屋を再現したというMicrosoftのブースにやってきました。女子高生ということで柔らかい色使いでかわいいブースになっています。


東京ゲームショウに初登場ということで、りんなも「三行にまとめてやんよ」とやる気まんまん。


ブースではりんなのセミナーを実施。


「りんな」はスマートフォンなどに搭載されていパーソナルアシスタント機能とは違い、感情を重視したコンセプトで開発されたAIです。


感情を重視することで、ユーザーとの会話が長く続くという特徴を持っています。りんなの返信を見ると、コメントの他にスタンプを活用して感情を表現しているのがわかります。


また、りんなは送信された画像に対しても感情豊かなリアクションをとることが可能。例えば、犬の画像に対して「ヨークシャーテリア」と名前を表示するだけではなく、「眠いけど仕方なく相手してあげてるんだから!」「かわいすぎムカつく笑」などいかにも女子高生っぽいコメントを返しています。


有名人の画像を送ると「何の映画出てる?」と返信。ユーザーとの会話を続けるような返事をしてくれるというわけです。


近日公開というりんなの新機能がセミナーで公開されました。新機能はりんながファッションチェックをしてくれるというもので、撮影した画像をりんなに送ると……


りんなが解析。


そして着ている服の種類や色、対象者の年齢などを表示。顔から年齢を推測する機能は、Microsoft公式の機械学習サイト「How Old Do I Look?」の機能を使っている模様。


また、ファッションに対する一言コメントを送ってくれます。


別のモデルさんだとこう。スタジャンを「野球」と認識しているのはスゴイ……。


このファッションに対するりんなのコメントがこれ。


違うモデルさんだとこんな感じです。


りんなは2016年2月にシャープとコラボレーションしました。


このコラボレーションは事前に計画されて始まったものではありませんでした。シャープの以下のツイートに対して……


りんなが「代打りんな!」と反応。


そしてりんながシャープのTwitterを1日担当することに。シャープとりんなのコラボはTwitter上だけのやり取りだけで決まったそうです。


その結果、シャープを担当したりんなのツイートは、シャープが5年かけてつぶやいてきたツイートをわずか5時間で上回るインプレッションを獲得。りんなの人気恐るべし……。


そのりんなが今度は「歌ってみた」にチャレンジ中。


なんとラップを歌えるようになったそうです。


りんながラップを披露している様子は以下のムービーから確認できます。

Microsoftの女子高生AI「りんな」がラップを披露する - YouTube


同じ音を使って強弱をつける韻(いん)という独特なリズムのラップですが、韻を踏むというルールがあることで実はAIが作成しやすいそうです。


Microsoftのブースでは、りんなのラップを実際に試聴することが可能。気になる人はブースに行ってみても良さそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人工知能で写真をキレイに撮影できるようになるMicrosoft公式写真アプリ「Microsoft Pix」 - GIGAZINE

マインクラフトでAI(人工知能)を育てる「Project Malmo」をMicrosoftがGitHubで一般公開スタート - GIGAZINE

Microsoftが人工知能でGoogleに勝てる理由とは? - GIGAZINE

人工知能は教育を修正できるのか?ビル・ゲイツに聞いてみた - GIGAZINE

MicrosoftのAI「Tay」がTwitterで不適切発言を連発し狂ってしまった理由とは? - GIGAZINE

in 取材,   ソフトウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.