1分間にインターネットの世界で起こっている出来事を1枚の絵にするとこうなる


2014年にインターネット人口が30億人を突破しましたが、スマートフォンの普及によって、今後もさらに新しい人たちがインターネットの世界に参加することが予想されています。多くの人が活動するインターネットの世界では、1分間という短い時間にどんな出来事が発生しているのかを、Irfan Ahmad氏がインフォグラフィックにしています。

60 Seconds on Google, Instagram, SnapChat, YouTube and Facebook (infographic)
http://www.digitalinformationworld.com/2016/09/infographic-data-never-sleeps-what-happens-online-in-one-minute.html

これがインターネット上で1分間に起きている出来事を、インフォグラフィックにしたもの。


Googleは1分間に6950万語を翻訳しており……


YouTubeには400時間の新しいムービーがアップロードされます。


Facebookでは1分間に21万6302枚の写真がシェアされて……


Instagramでは、243万555回も「いいね!」が押されています。


Twitterでは1分間に9678回も絵文字を含むツイートが投稿されています。


1分間にAmazonは22万2283ドル(約2200万円)の売上があり……


Siriは9万9206回も質問を受け付け……


Dropboxには83万3333個の新規ファイルがアップロードされています。


個別に数字を見ると信じられないほどの出来事がインターネット上でわずか1分間に起こっていることが分かりますが、これらは2016年には34億人に到達したインターネット人口が支えています。インターネット人口の増加が続く限り、インターネットにまつわるあらゆる数字が更新されることになりそうです。

・関連記事
「Googleは1秒で9万円稼ぎAppleは10秒でiPhoneを80台売る」などモバイル端末にまつわるデータのすごさが一発で分かる「Mobile Usage」 - GIGAZINE

「World Wide Web」が生まれて10000日が経過 - GIGAZINE

インターネットが今後どうなるかを理解するためのトレンド情報満載のレポート「2016 Internet Trends」 - GIGAZINE

売春の形がインターネットの登場で大きな変化を迎えている - GIGAZINE

違法薬物の取引はリアル世界から闇世界のインターネット「ダークウェブ」に急速に移行している - GIGAZINE

インターネット時代の天体観測はアマチュア天文家が大きな役割を果たせるようになってきている - GIGAZINE

わずか60秒の間にインターネットではどれだけ膨大な量の情報が飛び交っているのか? - GIGAZINE

Webの考案者ティム・バーナーズ=リーが「質問ある?」と掲示板に降臨して次々と回答 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logv_to