ハードウェア

「iPhone 7」や「AirPods」などの実機ムービー&フォトレビューまとめ


2016年9月8日の未明に発表された「iPhone 7」をさっそく手にとって外観や使い心地をハンズオンしているムービーやフォトレビューが公開され始めています。

Apple iPhone 7 first look - YouTube


The Vergeが手に取っているのは、iPhone 7で登場した新色「ジェットブラック」モデル。


事前の予測通り、ヘッドホンジャックが廃止されてスピーカーが2つに増えています。


前モデルとの違いは、圧力感知式のホームボタンの採用です。実際に触ってみた記者によると確かに「押し込み感」はなく、グッと力をかけるとTaptic Engineによる「クッ」という反応が返ってきている模様。


従来通りの、マルチタスク機能を使っているところ。


ジェットブラックモデルは、背面の塗装に光沢があるのが特長。


iPhone 6sシリーズに見られた、本体上下の分割ラインは姿を消しており、ほぼ全面にわたって鏡面仕上げのような光沢感の強い塗装になっている様子がわかります。また、ムービーでは触れられていませんが、カメラレンズが大型化されていることもわかります。


Ars Technicaは、前モデル・iPhone 6sとの外観比較を行っています。

Hands on with the iPhone 7: A brief peek at the wireless future | Ars Technica
http://arstechnica.com/apple/2016/09/hands-on-with-the-iphone-7-a-brief-peek-at-the-wireless-future/


左がiPhone 7で、右がiPhone 6s。パッと見た目はまったく区別がつきませんが、やはりヘッドホンジャックの有無が手がかりになります。


背面は容易に見分けがつきます。iPhone 7は分割線が上下に移動している点、そしてカメラレンズがやや大きくなり、レンズとなじむ部分のボディが盛り上がるようにデザインされています。


そして、話題になっているヘッドホンジャックの廃止。


ヘッドホンジャックの廃止に伴い、ワイヤレスイヤホンの「AirPods」が登場。充電も可能なケースに収まるようになっており、フタを開けると自動でiPhone 7に接続されるようになっています。iPhone 7の画面を見ると、AirPodsと専用ケースのイラストの下に、それぞれバッテリー残量を示すピクトが表示されているのがわかります。


iPhone 7 Plusに搭載されている、デュアルレンズタイプのカメラ部分。


CNETのムービーでは、iPhone 7 Plusのカメラを少しだけ触っている様子が収められています。

Apple iPhone 7 Plus hands-on: new cameras and no headphone jack! - YouTube


CNETの記者が手にしているのは、ローズゴールドのiPhone 7 Plus。ホーム画面の様子は従来のモデルと同じ。


もちろん、廃止されたヘッドホンジャックについても言及しています。


iPhone 7 Plusの目玉ポイントの1つ、デュアルレンズカメラのアップ画像。iPhone 7 Plusでは、iPhone 7のものと同じ1200万画素の広角カメラに加え、被写体に一段と寄ることができる1200万画素の望遠カメラを連携させることで、新しいカメラ体験が可能になるとのこと。


純正カメラアプリのUIに変更が加えられています。シャッターボタン上部には「1x」と書かれたズーム倍率を示す表示が追加されています。


ズーム倍率は、ダイヤル式で調節が可能。右に行くほど倍率が大きくなって……


最大で10倍までのデジタルズームが可能なようです。なお、倍率は写真で最大10倍、ムービーで最大6倍になっているとのこと。


CNETが公開している別のムービーでは、デュアルレンズカメラによる効果も解説されています。

Apple's iPhone 7 wants you to cut the cord - YouTube


iPhone 7とワイヤレスヘッドホン「AirPods」


AirPodsを収めるケースにもバッテリーを内蔵し、外出先でもケースに収めるだけでAirPodsの充電が可能。


AirPodsは1度の充電で最大5時間、充電ケースを併用すれば24時間以上の駆動が可能。AACオーディオに対応しており、ロスの少ない音質を楽しむことができそう。


そして2つのカメラを搭載したデュアルカメラシステム。


カメラには2倍の光学ズーム機能を搭載。


さらに、撮影した画像に対して……


対象物との距離を測定する機能を搭載。


カメラからどのぐらいの距離に、どの対象物があるのかを細かく把握。


この機能を利用した「被写界深度エフェクト」を使うことで、ポートレート写真に「ボケ」効果を加えることが可能となっています。


◆2016/09/08 14:55 追記
Appleのイベントを訪れた日本人によるレポート動画やツイートも公開されています。

iPhone 7/iPhone 7 Plus/AirPods - YouTube


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「iPhone 7/7 Plus」速攻実機フォトレビュー、デザインの細部はどう変化したのか? - GIGAZINE

「iPhone 7/7 Plus」や「Apple Watch Series 2」などが発表されたAppleの新製品発表会まとめ - GIGAZINE

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」がついに登場、耐水機能を搭載しイヤホンジャックが消える - GIGAZINE

日本のSIMフリー「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のApple Store公式価格判明 - GIGAZINE

Appleが目指す完全ワイヤレスの未来への第一歩となるイヤホン「AirPods」 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.