動画

知っているようで知らない「人はどのようにして死んでいるのか?」


科学技術の進歩によって人間の平均余命(平均寿命)はぐんぐんと上昇を続けており、死因も時代と共に変わっています。しかし、「人がどのようにして死んでいるのか?」をデータでひもとくと、意外なことに「人間の死」について実はよく知らないものだということをムービー「How Will You Die?」は教えてくれます。

How Will You Die? - YouTube


誰もが眠るように、気づかないうちに死にたいと願っていますが、眠るように死ねる確率は信じられないほど低いことが分かっています。では、一体、人はどのようにして死んでいるのでしょうか?


人の平均寿命は1901年には31歳でした。それから100年以上たった2016年には平均寿命は71歳まで伸びました。


平均寿命はフランスやカナダなどの先進国では82歳で、発展途上国のルワンダでは64歳となっています。


そんな中でも多くの人が変な形で死を迎えています。2015年にはセルフィー(自撮り)に関係する事故で27人が死に、50時間以上もゲームのスタークラフトをプレイしてた人が心臓発作で死に、ロシアでは年に100人の人が落ちてきたつららで死に、毎年70人の子どもがホットドッグをのどにつまらせて死んでいます。


西洋諸国の代表例としてアメリカを取り上げると、2014年には3億1800万人が住んでいますが、260万人以上が死んでいます。


死んだ人の半分が心臓疾患かがんで亡くなっていますが、100年前の死因のトップは結核とインフルエンザでした。


科学技術の進化によって結核やインフルエンザで死ぬ人はめっきり減りましたが、そのかわりにがんで死ぬことが多くなりました。


1970年代にはがんで生き残る人は50%でしたが、今日では68.8%の人がアメリカではがんから生還しています。これらは科学技術の進歩のおかげです。


不幸なことに、がんや心臓疾患は突然起こって死ぬわけではなく、長い期間の疾患の後に死を迎えます。実際に、60%の死が病院で発生しており、そのうち10人に1人は1カ月以上の闘病生活の後に亡くなります。


もちろん突発的な死もあり、2014年のアメリカでは13万6053人が不慮の死を迎えています。


メディアの報道によって「変わった原因の死」への恐怖が駆り立てられています。例えば、蜂に刺されて死ぬというのが典型例。


しかし、実際にはアメリカでは2014年以降にサメに襲われて死んだ人はいません。他方で38人が犬にかまれて死んでいます。


サイクリングで900人死んでいるのに対して、交通事故で死ぬ歩行者ははるかに多い6200人にのぼります。


テロリストに殺される人に対して、アルコール関連で死ぬ人はなんと80倍もいるのです。


実際のところ、西欧諸国で事件を起こすテロリストは「一匹狼」によるものがほとんどで、そのうちの80%はイスラム教の背景を持たない者たちです。その多くの理由が信仰心ではなく、偏屈な政治思想、愛国主義、差別主義者による犯行なのです。


2015年に人が死んだテロ行為の78%はアフガニスタン・イラク・ナイジェリア・パキスタン・シリアの5カ国で起こったものです。


世界で最も貧しい34カ国では呼吸系が最大の死因で、タバコや調理中の煙が原因ではありません。


一方、日本の女性の平均寿命は87歳にまで到達しており、日本食が長寿の原因だと考えられています。


将来的には私たちはより長生きするだけでなく、どのようにしていつ死ぬのかを予想できるようになる可能性があります。


実際にコンピューターのソフトウェアの進化によって、通院履歴などを参照して、その人がどのようにしていつ死ぬのかを96%という高い精度で予想することができます。


そこで、「あなたはいつどのようにして死ぬのかを本当に知りたいか?」ということが問題になってきそうです。

・関連記事
死ぬとどうなるかを科学的に解説するとこうなる - GIGAZINE

人類の見果てぬ夢「不老不死」が死よりも恐ろしい5つの理由 - GIGAZINE

高度8000m、水6リットル、塩小さじ48杯など、あなたを殺す予想外の物あれこれ - GIGAZINE

週末は病院での死亡率が跳ね上がるという「週末効果」が存在する - GIGAZINE

コーヒーを飲んでいる人は死のリスクが低い、最も生存率が高くなる飲み方は? - GIGAZINE

座りすぎは死のリスクを高めるが「立ちながらの仕事が健康的」とは言えない - GIGAZINE

「長時間座ること」は死のリスクとは関係がないという研究結果が明らかに - GIGAZINE

「死」に関するものを集めまくった異色の博物館「Morbid Anatomy Museum」のムービーが公開中 - GIGAZINE

現実にあった6つの奇妙な死因 - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by logv_to