レビュー

シャッターがおりた空き店舗をマッピングした「VACANT NEW YORK」で大都市の問題が浮き彫りに


観光客数を6年連続で更新し、2015年には史上最多となる5830万人もの観光客が訪れたニューヨークですが、地区によってはテナントが入らずにシャッターがおりたままのお店が多くなっているそうです。そんなニューヨークの空き店舗事情に興味を抱いたジャスティン・レビンソンさんが、実際にニューヨークを歩き回って空き店舗をマッピングした地図「VACANT NEW YORK」を作成して公開しています。

Vacant storefronts in NYC
http://map.vacantnewyork.com/

上記URLを開くと赤い点のようなものがマッピングされたニューヨークの地図が開きます。全ての赤い点が誰も入居していない空き店舗を指しています。


マップをクリックして動かすと、ニューヨークの隅々まで見ることが可能です。


ダブルクリックでズームイン。空き店舗に十字のカーソルを合わせると、その場所の住所が画面上部に表示されます。


ズームアウトしてニューヨーク全体を見てみると、南の方に空き店舗が集中しているのがわかります。


観光地として人気が高いタイムズスクエア周辺にはそこまで空き店舗がありませんが……


バーやクラブが立ち並ぶロウアー・イースト・サイドは空き店舗の多さが目立ちます。


ショッピングストリートがあるソーホーは空き店舗だらけ。


ズームして見てみると、その多さに少し驚いてしまいました。レビンソンさんは最初にソーホーをマッピングしたときに、空き店舗が多すぎるためバグかなにかと勘違いしたそうです。


レビンソンさんは多くの空き店舗が存在する理由は3つあると考えています。1つは家主が長期で契約してくれるレストランや大型チェーン店に貸し出したいがために、空いている物件をあえて貸し出さずにおいてあること。もう1つはロウアー・イースト・サイドにおける家賃の高さです。レビンソンさんによれば、家賃が3万6000ドル(約370万円)の物件でも、狭いと感じるくらいの広さしかないとのこと。


上述以外にもさまざまな理由から多くの空き物件がある状況を生み出していると考えられ、レビンソンさんは多くの人にVACANT NEW YORKを見て現状を知ってもらい、解決策の糸口になればと考えています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新しい脳地図作成によって人間の脳の部位や特徴をこれまでより正確に分析できる可能性 - GIGAZINE

Googleマップで世界各地の現在時刻といつが明け方・朝・昼・夕方・夜なのかがわかる「chronozone」 - GIGAZINE

地球環境の「債務国」か「債権国」かが可視化されたマップ「Global Footprint Network」 - GIGAZINE

年収「300万円未満」や「1000万円以上」の世帯がどの地域に多いのか一目で分かる「世帯の年間収入マップ」 - GIGAZINE

無料でブラウザベースのマインドマップを作成できる「My Mind Map」 - GIGAZINE

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.