×
ハードウェア

米軍はF-35戦闘機を含む多くの軍用機にレーザー兵器の搭載を狙っている

By Forsvarsdepartementet

アメリカ軍が開発を続ける戦闘機「F-35」に小型のレーザー兵器が配備される予定であることを軍関係者が明言しました。この小型のレーザーはF-35だけでなくあらゆる軍用機への配備が検討されています。

Official: Marine Corps Could Equip F-35B with Laser Weapon - Blog
http://www.nationaldefensemagazine.org/blog/Lists/Posts/Post.aspx?ID=2286

2016年8月30日にワシントンD.C.で行われた軍関係者と記者との朝食会の場で、アメリカ軍海兵隊のロバート・ウォルシュ中将が、「F-35戦闘機にレーザー兵器を配備することは、まさに海兵隊が関心を持っている重大事だ」と述べ、レーザー兵器をF-35戦闘機に配備する予定であることを明言しました。


ウォルシュ中将によると、すでにアメリカ海軍研究所(ONR)は10kWクラスのレーザーのデモンストレーションを行っていますが、今後は30kWクラスの高出力レーザーに開発の力点が移っていく予定だとのこと。F-35などの軍用機に配備される予定のレーザーは極めて高い精度を持つことから、敵が陸上から発射する地対空ミサイルや、敵の戦闘機が発射する空対空ミサイルを迎撃する目的で使われると予想されています。

ウォルシュ中将は、小型のレーザー兵器はF-35だけでなく、攻撃ヘリコプター「AH-1 コブラ」や「MV-22 オスプレイ」など他の軍用機への配備も計画中だとのこと。指向性エネルギー兵器のレーザーは、小型化への開発競争に突入しているようです。

・関連記事
15年以上の開発を経て実戦配備が決定した最新鋭ステルス戦闘機「F-35」、その苦難の歴史まとめ - GIGAZINE

米海軍が1発100円のレーザー砲発射実験を公開、強力な破壊力もプレステ感覚で操作可能 - GIGAZINE

ドローンを撃墜する持ち運び可能なレーザー砲をボーイングが開発、デモムービーを公開中 - GIGAZINE

アメリカ軍が開発する戦闘機「F-35」の制御プログラムはバグだらけで改修に多くの費用と時間がかかる見込み - GIGAZINE

レーダーに映りにくく超音速で飛べる次世代戦闘機F-35B、垂直着陸実験にも成功 - GIGAZINE

「考えるだけ」でロボットアームを自在に操る女性がステルス戦闘機F-35を飛ばすことにも成功 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by logv_to