サイエンス

95光年先にある星から「謎の信号」を受信していたことが判明

By theilr

ロシアにある電子望遠鏡が宇宙からの興味深い信号を受信していたことが明らかになりました。信号を発信したのが地球外知的生命体なのかどうか、大きな注目を集めています。

An Interesting SETI Candidate in Hercules
http://www.centauri-dreams.org/?p=36248

A SETI Signal? | SETI Institute
http://www.seti.org/seti-institute/a-seti-signal

Mysterious SETI signal sends alien-hunting telescopes scrambling | New Scientist
https://www.newscientist.com/article/2102970-mysterious-seti-signal-sends-alien-hunting-telescopes-scrambling/

Astronomers have picked up a strong radio signal from space — but it doesn't mean aliens | The Verge
http://www.theverge.com/2016/8/29/12695352/seti-russia-radio-observatory-signal-detected-alien-unlikely

Centauri Dreamsという宇宙探索の情報やニュースを扱うウェブサイトの運営者であるポール・ギルスター氏によれば、イタリア人天文学者のクラウディオ・マッコーネ氏の研究発表で、2015年にロシアにある電波望遠鏡「RATAN-600」が宇宙からの信号をキャッチしていたことが判明したとのことです。


信号はヘラクレス座方向に95光年離れた場所にある太陽ほどの質量を持つ星「HD 164595」から発信されたとされています。信号を受信したのは2015年5月15日のことで、波長は2.7cmで振幅は1mJy。この信号が宇宙にある文明から発せられたかどうかは一切わかりませんが、ギルスター氏は「今回の信号はさらなる調査を行うに値する」と話しています。また、ある研究者はカルダシェフの定義を用いて「もし今回受信した信号が等方性ビーコンからのものだったとすれば、信号は地球文明よりもはるかに発達している『タイプII』の文明でないとあり得ない強さを持っている」と発言。ただし、太陽系だけに送信された狭い信号であれば「タイプI」の文明でも可能とのこと。

カルダシェフの定義というのは宇宙に存在する文明のタイプを文明の進展度によって表したもので、「タイプI文明」は惑星規模のエネルギーを、「タイプII文明」は恒星規模のエネルギーを、「タイプIII文明」は銀河規模のエネルギーを使いこなす文明と定義づけられています。今回は強い場合だとタイプIIに相当する信号とのことで、地球より高度な文明を持つ何者かが信号を発信した可能性があります。

By neville mars

地球外知的生命体の調査・研究を行う[email protected]プロジェクトは今回の発見について「観測された信号が自然的に発生した電波なのかそうでないかを区別できる明確な証拠はありません」としながらも、「SETIでも似たような信号を受信することがあるが、今回の信号はそれ以上に興味深いものです」とコメントしています。

また、SETIの所長であるセス・ショスタック氏は「今回発見された信号が謎であることは確かですが、謎の信号というのは目新しいものではありません」と話し、信号が発信された原因にはありとあらゆる可能性が含まれており、興奮するのはまだ時期尚早であると注意を呼びかけています。


宇宙からの信号というのは多数観測されており、有名なものには1977年に観測された「Wow! シグナル」というものがありましたが、2016年現在でもその正体は判明していません。今回観測された信号は9月27日にメキシコで開催される第67回国際宇宙会議で議題に取り上げられる予定であり、新しい調査結果の報告に注目が集まっています。

◆2016年9月1日 16時10分追記:
ロシア科学アカデミーの特別天体物理観測所(SAO RAS)が発表した内容によると、RATAN-600が受け取っていた信号は地球から発信されていた可能性が高いことがわかりました。観測された11Ghzの信号についてはSETIが再現性の確認作業を実施しましたが、39回の観測のうち1度信号が現れるに留まり、カリフォルニアのアレン望遠鏡群は信号を1度もキャッチすることができなかったとのことです。ただしSETIは「RATAN-600に関する調査については、信頼できる科学的な結論を伝えるにはまだ早い」としています。

SETI
https://www.sao.ru/Doc-en/SciNews/2016/Sotnikova/

Turns out the signal astronomers saw was “strong” because it came from Earth | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/08/turns-out-the-signal-astronomers-saw-was-strong-because-it-came-from-earth/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
宇宙最大の爆発現象「ガンマ線バースト」が何なのかをムービーで解説 - GIGAZINE

人間は宇宙のどこまで到達できるのか?アニメーションでわかりやすく解説するとこうなる - GIGAZINE

CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開、ダウンロード可能に - GIGAZINE

宇宙人捜索のため中国政府が約9000人を居住地から立ち退きへ - GIGAZINE

「宇宙人はいるのか?」についてグリニッジ天文台がアニメーションムービーで説明 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.