Windows 10のAnniversary Updateで数百万台のPCにつながったウェブカメラが使えない問題

by DAVID BURILLO

2016年8月2日に配信されたWindows 10のAnniversary Updateでは、通信速度の低下やPCの設定リセット、さらにPCがフリーズするなど、多数の問題が発覚していますが、これに加えて、数百万台のPCでウェブカメラが使えない状態になっていることがわかりました。

MJPG encoded media type is not available for USB/UVC web-cameras after Windows 10 version 1607 (OS Build 14393.10 'anniversary)) update
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/windowsdesktop/en-US/9d6a8704-764f-46df-a41c-8e9d84f7f0f3/mjpg-encoded-media-type-is-not-available-for-usbuvc-webcameras-after-windows-10-version-1607-os


Microsoft Has Broken Millions Of Webcams With Windows 10 Anniversary Update - Thurrott.com
https://www.thurrott.com/windows/windows-10/76719/microsoft-broken-millions-webcams-windows-10-anniversary-update


問題が起きたのは対応コーデックがMJPEG(Motion JPEG)H.264のUSB接続ウェブカメラ。これは、Windows側でMJPEGとH.264の対応をやめたことが原因でした。

Windows Dev Centerのフォーラムにこの問題についての投稿を行ったless_is_more氏は、Anniversary Update適用後(Windows 10 バージョン1607)と、適用以前(Windows 10 バージョン1511)を比較して、それまでMJPEGが割り当てられていた部分がNV12やYUY2に置き換えられていると具体的な指摘を行っています。

GitHub - leok7v/uvc_mjpg_win10
https://github.com/leok7v/uvc_mjpg_win10

この問題はロジクールのC920のようなメジャーなウェブカメラでも発生していて、たとえば、Skypeを起動しても1分ほどするとフリーズしてしまう状態だとのこと。

問題を乗り越えるための方法として、Rafael Riveraさんがレジストリの変更による問題解決法を示しています。

方法はレジストリエディタを開いて、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\Windows Media Foundation\Platform」のキーを開き、新規DWORD値で「EnableFrameServerMode」を作成し、値を「0」にするというもの。


なお、Windowsのカメラチームを担当するMike M氏は、同様の苦情が多く寄せられているため、9月には修正を行う予定であることを明らかにしています。当面はウェブカメラなしでもなんとかなるという人は、あと1ヶ月少々待てばOKです。

・関連記事
「Windows 10 Anniversary Update」で追加される主要な新機能10個まとめ - GIGAZINE

8歳女児の部屋のウェブカメラがハッキングされ着替えの様子などがネットで勝手に公開される - GIGAZINE

PC修理のお礼にウェブカメラのリモート監視ソフトを仕込んだ男に有罪判決 - GIGAZINE

117

in ソフトウェア,  ハードウェア, Posted by logc_nt