試食

アボカド入りで毒々しい見た目なのに果物の甘酸っぱさがクセになる「ワイルドアマゾン」をサーティワンで食べてきた


緑色のアボカドココナッツアイスクリームとオレンジ色のアマゾンフルーツアイスクリームなどを合わせて、キャラメリゼしたカシューナッツを加えた「ワイルドアマゾン」が、サーティワンアイスクリームに2016年8月5日(金)から登場しています。毒々しい見た目ですが、「未体験のやみつきなおいしさ」になっているとのことなので、実際に購入して食べてみました。

フレーバー:ワイルドアマゾン[B-R サーティワンアイスクリーム]
https://www.31ice.co.jp/contents/sp/product/flavor/fl180.html

サーティワンアイスクリームに到着。


ショーケースの中を見てみると、1つだけ異色の毒々しさを放つアイスクリームを発見しました。これが「ワイルドアマゾン」です。


今回はレギュラーサイズをコーンで注文。


近くで見てみると、鮮やかなオレンジやグリーンのアイスが混ざりあっています。


すごく野菜っぽい見た目なので、「本当に甘いのだろうか……?」と恐る恐る食べてみたところ、強い果物の風味を感じます。はっきりと「何味」とは言えないのですが、華やかで甘酸っぱい南国フルーツの存在を感じます。緑色の部分はアボカドココナッツアイスクリームとのことですが、野菜っぽさは一切なく、ひたすらクリーミーでまろやかです。


公式の情報を見たところ、オレンジ色の部分は「アマゾンフルーツアイスクリーム」となっており、確かにここから南国果物っぽい風味を強く感じました。この部分の味が強いので、ココナッツの風味は「そういえばココナッツの味がするかな……?」という程度に感じられます。


トロピカルフルーツリボンというジャムのような部分には南国果物の甘酸っぱさが凝縮されていました。


また、キャラメリゼされたカシューナッツなども入っており、ポリポリとした食感もグッドでした。


なお、ワイルドアマゾンの参考価格は税込360円で、10月末までの提供となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
爽やかな3種のシャーベットに5色のカラフルなパチパチキャンディ入りの「トリオ デ ジャネイロ GO!GO!」を食べてみた - GIGAZINE

マイルドなパッションフルーツアイスとパイナップル果肉がさわやかな「パッションフォーゴールド」をサーティワンで食べてきた - GIGAZINE

アイス+南仏のリゾート感で夏を乗り切る「ハーゲンダッツ サマーテラス」のオリジナルサマースイーツを味わってきました - GIGAZINE

アイスクリームを準備不要で思い立ったらいつでも作れる「アイスクリームボール」を使ってみました - GIGAZINE

好きなアイスクリームのフレーバーでその人の性格が分かることが研究で判明 - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

ソフトクリーム食べ放題を実現するべくソフトクリームメーカーを買ってみました - GIGAZINE

400回以上の試作を3年かけて繰り返し開発されたソフトクリーム「クレミア」を食べてきました - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.