試食

ものすごい量のネバネバオクラが入った夏にぴったりの「はなまるの冷だし」「2色ざるうどん」をはなまるうどんで食べてみた


はまなるうどんから「夏の涼麺フェア」として夏にぴったりな2種類の冷たいうどんが登場します。冷かけだしに大量の刻みオクラを入れて特製すだちポン酢で仕上げた「はなまるの冷だし」と、2玉のうどんを「ごまだれ」と「つけだし」の2種類のつゆで食べられる「2色ざるうどん」という期間限定の冷たいうどんとのことで、夏バテを吹っ飛ばすべく実際に食べてみました。

「夏の涼麺フェア」8月2日から開催! | はなまるうどん
http://www.hanamaruudon.com/news/2016.html

はなまるうどんに到着。


レジ前に夏の涼麺フェアのポスターが出ていました。


「はなまるの冷だし(中)」(税込400円)、「2色ざるうどん」(税込350円)を注文。2色ざるうどんは具材がないので、別途「ちくわ磯辺揚げ」(税込110円)と「半熟たまご天」(税込120円)も買ってみました。


はなまるの冷だしはこんな感じで、一面を埋め尽くすほどの刻みオクラが入っているのがわかります。


オクラだけでなく、めかぶもたっぷり


針生姜ものっています。


さっそく食べてみると、ねばねばの冷だしは酸味もだしも「ほんのり」で、かなりの薄味。ポン酢の「うまみ」はほとんど感じられず。うどんやオクラの素材の味わいをしっかり味わうことができます。


オクラとめかぶたっぷりの冷だしだけズルズルいくのもアリ。


冷やだしは透明で非常に薄味なので「本当にポン酢が入っているのか……?」と不安になり、店員に聞いてみたところ、かけだしとポン酢がしっかり入っているとのこと。ただし原液を少し入れるレシピだそうで、「素材の味を楽しんでもらう味付け」だそうです。


あまりにポン酢の風味が弱く、このままでは完食できそうになかったため、試しにしょうゆをちょっと入れてみたところ……


劇的にうまみが強くなり、だしじょうゆのような味わいに。薄味が好きな人はそのままで、物足りなければしょうゆで調整するのが良さそうです。


続いて2色ざるうどん。


2玉のうどんを特別価格で食べることができ、さらに100円でもう1玉付け加えることも可能。


たれはごまだれとつけだし。ねぎは入れていいか聞かれるので、好きな方を選べばOK。


まずはごまだれを食べてみたところ、コクのあるごまだれはガツンと濃いめの味わいで、豊かなゴマの風味がうどんによく合っています。


つけだしは安定のうどんだしで、冷たくサッパリしているので暑い季節にぴったり。セルフコーナーのおろししょうがを入れても良さそうです。2玉もうどんがありものすごいボリュームですが、2つの味で最後まで飽きずに食べることができます。


磯辺揚げはのりの香りが口の中に広がり、うどんのみの2色ざるうどんのお供には最適。


半熟たまご天はつけだしにつけると衣にだしが染みてかなりオススメ。


なお、「はなまるの冷だし」は小が税込300円、中が税込400円、大が税込500円で、「2色ざるうどん」が税込350円です。終了日時は不明ですが、期間限定販売となっています。

・関連記事
ネバネバツルツルの「北海道産海鮮松前漬けとろ玉ぶっかけ&とろ玉丼」をはなまるうどんで食べてきた - GIGAZINE

うどんの神髄を知るべく香川県の食べログ上位5軒を食べ歩いてみました - GIGAZINE

「これでもか!」というほどのあさりがうどんを埋め尽くす丸亀製麺の「春のあさりうどん」「あさりバターうどん」試食レビュー - GIGAZINE

夏の猛烈な暑さを吹き飛ばす圧倒的清涼感&新食感の「かき氷そば」を阪急そば若菜で食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log