動画

スター・ウォーズ初のスタンドアロン作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の特別映像が公開


映画「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」と「スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望」の間に起こった出来事を描くスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のメイキング映像を含めた特別映像が公開されました。

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の冒頭でレイア姫がR2-D2にデス・スターの設計図を託すのですが、この設計図は反乱同盟軍の兵士たちが命をかけて入手したもの。設計図を巡る反乱同盟軍と帝国軍の戦いを描いたのが「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」です。

Rogue One: A Star Wars Story - Celebration Reel - YouTube


険しい表情で前を見つめる反乱軍のリーダーパイロットのボーディ・ロック。


繰り広げられる激しい戦い。


銃を向けられているのはキャプテン・カシアン・アンドール。


崖から見張っているストーム・トルーパーの右上にはカメラがチラリと映り込んでいます。本編ではどんな映像になっているのか楽しみ。


黒煙が立ち上る中、盲目のチラット・イムが遠くを見つめています。


主人公のジン・アーソ。


「子どもの頃の夢が実現した」と語るのは、ギャレス・エドワーズ監督。


「登場人物それぞれに魅力がある」


「彼らの人間性が作品にリアリティを与えている」


主人公のジン・アーソを演じるフェリシティ・ジョーンズは「現場ではいつもドキドキしている」と話します。


「おかげで真に迫る演技ができたわ」


「一体どんな映像に仕上がるのか想像もできなかった」


ストーム・トルーパーが列をなすのは大きな駅のような場所です。


「昔から大好きだった作品だから」


「でも萎縮していたら何もできない」


特大のセット。


「Xウィング登場!」


バトルシーンは撮影の激しさを物語っています、。


ローグ・ワンに登場する多彩なキャラクターたち。


フェリシティ・ジョーンズの迫真の演技。


撮影はジャングルでも行われたとのこと。


砂浜や海といった景色はスター・ウォーズでは新鮮に感じられます。


海の中を歩くストーム・トルーパーたち。


ギャレス・エドワーズ監督は「子ども時代に戻れたみたいだ」と満足げな表情を浮かべます。


黒いストーム・トルーパーはデス・トルーパーと呼ばれる兵士。


「フォースと共にあらんことを」というおなじみの名言で特別映像は終了。


「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は2016年12月18日(日)に日本で公開予定です。


これは初公開のポスター。リゾートのような青い海が印象的なポスターのロケーションはモルディブとのことです。

・関連記事
スター・ウォーズの“もう1つの物語”、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」特報映像公開 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ エピソード8」の公開日が決定しスピンオフの詳細も判明 - GIGAZINE

「スター・ウォーズ/エピソード8(仮)」の全世界同時公開日が決定 - GIGAZINE

約1分でわかる完全ネタバレ「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 - GIGAZINE

スター・ウォーズの「エピソード4」と「エピソード7」の似たシーンを比較しまくるとこうなる - GIGAZINE

約9000万回再生された「スター・ウォーズ」最新作予告編のサントラ未収録のあのすごい曲は一体何なのか? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log