×
試食

スシローで満足感抜群のデザート「まるごと食べるメロンソーダ」を食べてみた


回転寿司のスシローがくり抜いた半割りメロンにバニラアイス・ソーダ氷・ホイップ・いちごをあふれんばかりにのせた「まるごと食べるメロンソーダ」を2016年7月15日(金)からスタートしています。「究極のメロンソーダ」という回転寿司店のデザートは一体どれほどのクオリティに仕上がっているのか、実際にお店に行って食べてきました。

NEWS | 【7/15(金)~】究極のメロンソーダ誕生! | 寿司(すし)・回転寿司 スシロー
http://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=249

スシローに到着。


店内のレールにはおいしそうなお寿司が流れています。


まるごと食べるメロンソーダ(税別980円)は流れてこないので……


タッチパネルで注文します。


オーダー品としてレールで届けられると案内があったので、逃さないようレールをしっかり見ていたのですが、5分ほどでスタッフが直接持ってきてくれました。


横から見ると、高さはiPhone 5sと同じくらいあります。


上から見ると、iPhone 5sより少し大きいメロンが使われていました。


メロンの上には冷凍のいちごや……


たっぷりのホイップ


ブルーハワイがかけられたソーダ氷にラムネとパチパチキャンディがのっており、「パチパチ」とはじける音まで楽しいデザート。


ぐにょっと曲がったストローがささっていたので飲もうとしたところ、何も出てこず。


ストローを抜くと中まで氷やメロンで埋め尽くされているようでした。


というわけでまずはソーダ氷から。出店などでよくあるような削り目の粗いかき氷といった感じで、ソーダの炭酸などは感じられず、オーソドックスなかき氷です。


奥にスプーンを入れるとメロンを削り出すことができました。


パチパチキャンディは口の中に入れると猛烈にはじけだし、いろいろな食感が楽しめます。


食べ進めていくと、ソーダ氷の下にはバニラアイスクリームまで入っていました。


メロンは好きな大きさに削り出せるのがうれしいところ。あまり熟していない甘さ控えめのメロンだったので、ホイップやアイスクリームといっしょに食べるとちょうどよくなりました。


メロンの壁面から果肉を削り出す作業だけでも子どもが喜びそう。


最後の方になると氷やアイスクリームが溶けて液体になるので、ストローで飲むことも可能です。かなりボリュームがあるので、お寿司を食べた後に何人かでシェアするとみんなで満足できるはずです。


なお、まるごと食べるメロンソーダは7月15日(金)からの期間限定販売で、売り切れ次第終了する予定。1日の数量も限定なので、気になる人は早めに食べてみてください。

・関連記事
モフモフなメロン味の氷がフワッと消えるアイスモンスターの濃厚ココナツアイスと果肉入り「メロンかき氷」を試食レビュー - GIGAZINE

半割りメロンにひんやりフレンチトーストを詰め込んだ「メロン・ザ・ロック」を食べてきた - GIGAZINE

回転寿司レーンで届く「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」をスシローで食べてみた - GIGAZINE

スシローの回らないすしダイニング「ツマミグイ」は自己流アレンジの寿司から握り・ローストビーフまで注文可能 - GIGAZINE

肉やホルモンがレーンを流れてくる「回転焼肉」で満腹になるまで食べまくった - GIGAZINE

上質なフランス料理がレーンを回ってくる「回転フランス料理」に行ってきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log