レビュー

アイスコーヒーを氷で薄めることなく時短で作れるZoku「Iced Coffee Maker」を使ってみました


キリッと冷えたアイスコーヒーが欲しくなる季節ですが、家庭でアイスコーヒーを作る際に、水出しコーヒーは作成に時間がかかり、かといってホットコーヒーに氷を入れると味が薄まってしまうという問題があります。Zoku「Iced Coffee Maker」は時短でアイスコーヒーを薄めずに作りたい人の味方になっているとのことなので、実際に購入して使ってみました。

Iced Coffee Maker | Zoku
http://www.zokuhome.com/collections/all/products/iced-coffee-maker

これがZoku「Iced Coffee Maker」のパッケージ。


中には本体・ストロー・取扱説明書が入っていました。


本体は、アウタースリーブ・インナーカップ・フタに分解できます。


重さは実測で634g。


使用する前にインナーカップを8時間ほど冷凍庫で冷やしておく必要があるので、朝使おうという場合は夜寝る前に冷凍庫にインすればOKです。


翌日取り出すと、カップは冷え冷え。


外に出してしばらくすると、カップの外側や内側が結露しだすほど。


ということで、アイスコーヒーを作っていきます。まずは普段コーヒーを作るのと同じ要領でお湯を沸かします。


インナーカップをアウタースリーブにセットして……


あとは、コーヒー豆やフィルターを直接Iced Coffee Makerにセットして、お湯を注ぎます。


3回にわけてお湯を注ぎ終えてすぐにコーヒーの温度を測ってみると、この時点で11.8度。コーヒーを入れている間にも冷却が始まっているので、かなり温度が下がっていました。


説明書によるとコーヒー注いでから7~8分待てば完成、とのことなので、温度の下がり具合を観察しつつ待ってみます。


時間を計り始めてから1分30秒ほどで温度は4度にまで到達。


さらに、タイマーのスタートから3分半を経過した時点で既に1.6度に。この時点でコーヒーは冷え冷えなので、8分を待たずしてアイスコーヒーを楽しめます。抽出後の熱々コーヒーを一度に注ぐのではなく、すこしずつコーヒーをカップの中に入れていたので、冷却時間を短縮できた様子。


8分が経過した時には、少しコーヒーが凍り始めるほどでした。


飲むときはフタとストローをセット。


本体を片手で持つと、このくらいのサイズです。


ちなみに、ストローを刺すとこんな感じで隙間ができてしまい、完全密封というわけにはいけないので、水筒のようにカバンの中に入れてしまうことは不可。


ストローを抜くと以下のような感じ。


ということで、持ち運ぶ時は手に持つのがベター。時間のない朝はコーヒーをしっかり冷やすことが難しいので、Iced Coffee Makerにコーヒーを入れてすぐ持って出れば、通勤中などに冷え冷えのコーヒーを楽しめます。


もちろんおうちでまったり過ごしている時でも使えます。


時間がたつとインナーカップによってアイスコーヒーが冷却され、氷状になってくるので……


牛乳を注げば、氷コーヒーとしても楽しめます。


なお、Zoku「Iced Coffee Maker」は楽天市場Amazonでで3974円からの取り扱いになっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ポタポタ落ちる水で作る「水出しコーヒー」を専用のサーバーで淹れてみた - GIGAZINE

「コーヒー」や「昼寝」よりも眠気や疲労を吹き飛ばすのにぴったりな「コーヒーナップ」をムービーで解説 - GIGAZINE

コーヒーなしでシャッキリ目覚めるための7つの対策 - GIGAZINE

「健康にいいコーヒー」の作り方を科学する - GIGAZINE

コーヒーを自宅で作る方法をまとめた「An Instant Guide to Making Coffee」 - GIGAZINE

空気の力で豆のうまさを最大限に引き出すというコーヒーマシン「AeroPress」を使ってコーヒーを淹れてみました - GIGAZINE

お湯を注いで4分放置するだけで本格コーヒーが完成、30分以上も保温可能なコーヒーメーカー「Cafesolo」 - GIGAZINE

in レビュー,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.