乗り物

「5年以内に自動運転カーの市販」を目指してBMW・Intel・Mobileyeが提携を発表


自動車メーカーBMWが、「自動運転カーを2021年までに市販する」という目標を掲げて、半導体大手のIntel、自動運転技術に活用されている画像解析ソフトウェア大手のMobileyeとの提携を発表しました。自動車メーカーの中で自動運転カーの市販時期を明確に打ち出した初めてのケースとなります。

BMW Group, Intel and Mobileye Team Up to Bring Fully Autonomous Driving to Streets by 2021
https://www.press.bmwgroup.com/global/article/detail/T0261586EN/bmw-group-intel-and-mobileye-team-up-to-bring-fully-autonomous-driving-to-streets-by-2021

BMWのハラルト・クリューガーCEO(中央)は2016年7月1日、Intelのブラインア・クルザニッチCEO(左)、Mobileyeのアムノン・シャシュア会長と共にドイツ・ミュンヘンで共同会見を開き、BMW・Intel・Mobileyeの3社が自動運転カーの開発において技術提携することを発表。2021年までに自動運転カーを市販する計画であることを明らかにしました。自動車メーカー大手のBMWと半導体大手のIntelに加えて、BMWだけでなくフォルクスワーゲン、日産、テスラモーターズなどに自動運転カー関係の画像解析技術などを提供しているMobileyeによる提携ということで、業界の各分野におけるトップメーカー同士の強力なタッグになっています。


BMWによると、現在開発中の自動運転技術は、ドライバーがハンドルを握ることを前提に走行中に視線を常に進行方向に向ける必要のない補助的な段階である「レベル3」にあり、さらに、ドライバーが運転作業を行う必要がなく車内を歓談や読書空間に変えられる段階の「レベル4」、車内に人間がいなくても自動車が走行可能な「レベル5」に分けることができ、レベル5の自動運転技術を実現するためのプラットフォームを3社で開発する計画。3社の技術協力によって開発した自動運転技術は、他の自動車メーカーや産業にも提供される予定です。

具体的には、BMWの次世代EVを想定して開発されている「iNEXT」に搭載することで自動運転カーを2021年までに市販する計画となっており、2017年内に自動運転カーによる集団走行試験が予定されているとのこと。


自動車、半導体、ソフトウェアの各分野におけるトップ企業による提携ということで、この3社によって開発される自動運転カープラットフォームが業界標準になる可能性がありそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
BMW・アウディ・ダイムラーの自動車連合がNokiaの地図事業「HERE」買収を完了させ自動運転開発へ本腰 - GIGAZINE

Baidu開発の全自動運転カーが北京市内の公道走行試験に成功 - GIGAZINE

テスラ・モデルSの「オートパイロットモード」で初めての死亡事故が発生 - GIGAZINE

自動運転カーの法整備に向けてFord・Google・Uberなどが設立したロビー団体の代表が語る - GIGAZINE

ボード1枚でMacBook Pro150台分の能力を持ち自動運転カーを実現する「NVIDIA Drive PX 2」 - GIGAZINE

スマートウォッチと連携するBMWの全自動運転カーは衝突回避・自動駐車が可能 - GIGAZINE

自動運転カーが絶対に人を殺す状況になったとき誰を犠牲にすればいいと思っているかがわかる「Moral Machine」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.