試食

チョコのダースとアイスのピノがまさかのコラボ、「ダース<ピノ>」試食レビュー


森永製菓から1976年より販売されているアイスクリーム「ピノ」が2016年に発売40周年を迎えたことを記念して、森永乳業のチョコレート「ダース」とのコラボレーションを実現した「ダース<ピノ>」が登場しました。ダースの中に練乳風味のホワイトチョコレートを包み込むことでピノを再現したというダース<ピノ>を早速食べてみました。

~ピノ40周年おめでとう!~ 森永製菓「ダース」と森永乳業「ピノ」の夢コラボが実現 「ダース<ピノ> 6月28日(火)新発売|2016年|ニュースリリース|森永製菓
http://www.morinaga.co.jp/company/newsrelease/detail.php?no=1328

ダース<ピノ> | チョコレート | 菓子 | 商品情報 | 森永製菓株式会社
http://www.morinaga.co.jp/products/detail.php?id=PRD2009-08-0067

税込162円のダース<ピノ>を買ってきました。


ダース<ピノ>のパッケージはピノのものを完全に踏襲。もし冷凍庫に入っていたら一瞬ピノと見間違うレベルです。


ダース<ピノ>1粒当たりのエネルギーは21Kcalで炭水化物は1.9g。


ダース<ピノ>の原材料には砂糖やココアバターなどが入っています。


箱を開けると黄金の袋が姿を現しました。


袋の中にはダース<ピノ>が12粒入っています。上の面にはダースのロゴが彫られていて、見た目は至って通常のダースにしか見えません。


しかし、半分に切ってみると練乳風味のホワイトチョコレートが中に入っていて、ここだけを見るとバニラアイスをチョコレートでコーティングしたピノにそっくりです。


実際に食べてみると、外側のチョコレートはダースのチョコレートで、食べているうちに内側のホワイトチョコレートと交じり合ってまろやかな味わいです。ピノの味を完全再現しているというよりは、どちらかというとピノ風味のダース。ただし、口の中でチョコレートが溶けてホワイトチョコレートと交じり合う食感や口溶けは、かなりピノに近いと言えます。味はダースで食感や口溶けがピノ、という感じです。


ダース<ピノ>は6月28日から期間限定で販売中。2015年2月にはダースを再現した「ピノ<ダース>」が発売され好評を得たとのことですが、「ダース<ピノ>」もピノ好き、ダース好きの人に是非食べてもらいたいチョコレートになっています。

・関連記事
明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

チョコレートの泉が自宅に湧いてチョコ付け放題になる「siroca crossline チョコレートファウンテン」レビュー - GIGAZINE

濃厚チョコのかき氷にフワッと口の中でとろける不思議食感のチーズクリームがのったパブロ「チーズタルトかき氷‐濃厚チョコレート」試食レビュー - GIGAZINE

マカデミアナッツをぜいたくに使ったハーゲンダッツのクランチークランチ「チョコレートマカデミアナッツ」&3年ぶりに復活した「ストロベリーバナナ」を食べてみた - GIGAZINE

濃厚チョコソフトクリームにほろ苦い塩キャラメル入りのリッチな「ゴディバ ソフトクリーム ダブルチョコレート キャラメル」などを食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log