ゲーム

約4億円を集めたロックマンの稲船敬二氏によるアクションゲーム「Mighty No.9」が発売されるも賛否両論の事態に


ロックマンシリーズや鬼武者シリーズを手がけたゲームクリエイターの稲船敬二氏率いる株式会社comceptは、2013年9月2日にクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募り、380万ドル(約4億円)を超える資金を集めて横スクロールアクションゲーム「Mighty No.9」の開発に取り組みました。このMighty No.9は、現地時間の2016年6月21日についに発売となったのですが、リリースまでにさまざまな苦難を乗り越え、さらにリリース直後にも一騒動起きるという波乱の連続になっています。

What we can learn from Mighty No. 9’s troubled launch | Ars Technica
http://arstechnica.com/gaming/2016/06/what-can-we-learn-from-mighty-no-9s-troubled-launch/

「Mighty No.9」は、ロックマンシリーズの開発に深く関わった稲船敬二氏による横スクロールアクションゲーム。タイトルロゴや登場キャラクターもどこかで見たことがあるようなデザインですが、それ故か、「真のロックマンがついに登場する」と一部のゲーマーに大注目され、多くの出資を集めることに成功しました。

ロックマンっぽい懐かしい雰囲気の横スクロールアクションゲーム「Mighty No. 9」出資募集中、制作は稲船敬二氏が率いるチーム - GIGAZINE


その後、Mighty No.9はTVアニメ化の計画も進行し、開発は順調に進んでいるかのようでしたが、リリースのひと月前に公開されたトレーラームービーがとにかく不評で、YouTubeのコメント欄が大荒れしました。

問題となったトレーラーは以下のムービー。ムービー自体が不評というわけではなく、ムービー中のナレーションが「悪者もプロムナイト(卒業パーティ)のアニオタみたく泣いちまうぜ」といった具合に余計な言葉をつぶやく、ということで批判が集まりました。kotakuPC Gamerといった海外のゲームメディアも、こぞってナレーションを批判しています。なお、以下のトレーラーは合計で110万回以上も再生される大ヒットとなっているのですが、ムービーに対する評価は「高く評価」が4493件に対して、「低く評価」3万5716件と、その差は圧倒的です。

Mighty No. 9 Trailer: Masterclass - YouTube


さらにその後、リリース前にゲームをプレイした海外のゲームメディアから「3年前にKickstarterで出資を集めるために公開されたテストムービーよりも、ゲームの映像はクオリティが低い」とするレビュームービーを公開しています。

Mighty No. 9 doesn't look like we'd hoped - YouTube


なお、2013年にKickstarterで出資を募った際に公開されたテストムービーはコレ。確かに画面を比較すると、2013年に公開されたテストムービーの方がよりリアルに光や影が表現されているのがわかります。

Mighty No. 9: Unreal Engine Initial Evaluation Test (PLACEHOLDER ASSETS) - YouTube


また、ゲームレビューサイトのOpenCriticでMighty No.9の評価を見てみると、発売からわずかな時間しか経っていないにも関わらず、既に28件の評価が集まっており、「OpenCritic上にレビューが存在するゲームの中で下位9.7%」という低評価になっています。

Mighty No. 9 for PS4, XB1, Wii-U, PC Reviews - OpenCritic
http://opencritic.com/game/1554/mighty-no-9


加えて、PS4・Xbox One・Wii U版は問題なくリリースされたものの、Xbox 360は証明書の更新でリリースが遅れ、Linux・Mac版もバグ修正の影響でリリースが数日ずれ込んでいます。その他、3DS・PS Vita版に至っては明確なリリース時期が明かされていないという状態です。なお、Kickstarterでアナウンスされた最初の予定では、ゲームのリリースは2015年4月が予定されていました。

他にも、「Mighty No.9のDLCコードが正しく動作しない」や「Wii U版でグラフィックやパフォーマンスに問題がある」といった問題も起きている模様。

こういった事態に対して海外ニュースサイトのArs Technicaは、「Kickstarterはお店ではないことを出資者側が理解すべき」「多額の資金が集まったからといってプロジェクト全体が成功するわけではない」と指摘。さらに、「PS4からPCまであまりに幅広いプラットフォームに手を出してしまった」としており、Xbox 360・PS3・Xbox One・PS4・Wii U・Windows・Mac・Linux・3DS・PS Vitaと、あまりに多くのプラットフォーム向けにゲームをリリースするとした点もプロジェクトの失敗点としています。


また、Mighty No.9の発売に際して株式会社comceptは稲船敬二氏を交えたQ&Aを行ったのですが、その中で語った内容が間違って伝わり、炎上騒ぎが起こりました。

Sonic sticks the boot in to Mighty No. 9 as Inafune admits: "I own all the problems" • Eurogamer.net
http://www.eurogamer.net/articles/2016-06-22-sonic-sticks-the-boot-into-mighty-no-9-as-inafune-admits-i-own-all-the-problems-that-came-with-this-game


Q&Aの中で、司会兼通訳が自身の意見として「Mighty No.9が完璧な作品じゃないにしても、何もないよりはマシ」と発言したのですが、これが稲船敬二氏の発言としてユーザーに伝わってしまい、ユーザーから怒りの声があがりました。Q&AはTwitchでライブ配信されたのですが、以下にその全編がアーカイブされており、1時間8分頃から問題のシーンが始まります。稲船敬二氏は質問に対して簡単な返答しかしておらず、司会兼通訳の男性が稲船敬二氏の回答を通訳したあと続けざまに自身の見解を述べたことで、誤解が生まれたことがわかります。

MightyFinale! Mighty No. 9 Livestream Countdown to end of Kickstarter! MightyNo9.com - Twitch
Watch live video from comceptusa on www.twitch.tv

しかし、「何もないよりはマシ(It's better than nothing.)」というコメントは一人歩きし、海外のセガ公式アカウントにまでネタにされています。

Congrats on the launch, @MightyNo9!

It's better than nothing. pic.twitter.com/WsXHWtAlaX

— Sonic the Hedgehog (@sonic_hedgehog)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ロックマンっぽい懐かしい雰囲気の横スクロールアクションゲーム「Mighty No. 9」出資募集中、制作は稲船敬二氏が率いるチーム - GIGAZINE

ロックマン系アクション最新作「Mighty No. 9」がTVアニメ化計画を始動 - GIGAZINE

海外で販売されたロックマンのパッケージがニセモノかと思うレベルの驚愕のダサさ - GIGAZINE

ロックマンから「カプセルにはいるのじゃ」と諭すライト博士や「波動拳!」と叫ぶマグマード・ドラグーンが立体化 - GIGAZINE

ロックマンの新作アニメが2017年に公開、全26話構成で制作予定 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.