メモ

すべての親が子どもに書くべき、お金の使い方を記した「マネーレター」

by eFile989

アメリカの一部の家庭では、両親が子どもにお金の使い方を教えるために手紙を書く「マネーレター」という習慣があります。The New York Timesでお金に関するコラムを執筆しているRon Lieber氏は、大学を卒業して社会へ出る子どもたちのために、両親がマネーレターを書いて子どもに送ることを勧めています。

The Money Letter That Every Parent Should Write - The New York Times
http://www.nytimes.com/2016/06/18/your-money/the-money-letter-that-every-parent-should-write.html


お金についての知識は子どもの教育においてしばしば見過ごされがちですが、子どもが成長するに従って、子ども自身が「お金の知識は性の知識と同じぐらい重要なものだ」と徐々に気づき始めるものです。アメリカにはお金に関する家族の注意事項などを1枚のカードにまとめた「ノートカード」と呼ばれるものがあり、家族がお金に関する基本的な考え方をまとめることができるものの、より詳しい知識について記すにはスペースが少なすぎるそうです。

そこで、コラムニストのLieber氏は、「子どもが大学を卒業して社会へ出る時期に、両親がお金に関する知識をまとめた手紙を書くこと」を勧めています。手紙ならば、ノートカードとは異なり、子どもたちへのアドバイスを心をこめて長文で書くことができ、受け取った子どもたちは手紙を長い間手元に残しておくことができるためです。また、書き手自身が経済状況についてどのように考えているのかを深く知るためのいいキッカケにもなります。

Smart Mom, Rich Mom: How to Build Wealth While Raising a Family」の著者であるKimberly Palmer氏は、「13年前に母親と2人の妹から受け取ったマネーレターをまだ手元に置いている」と語り、マネーレターを簡単に書くためのテンプレートを公開しています。

○○○○へ

あなたにお金の知識について伝えるために、この手紙を書いています。あなたが子どもの頃に教えたかったのだけど、教えるのが難しかった知識です。あなたの人生でお金に関する避けられない難関が立ちはだかった時に、この手紙が役に立つことを願います。

まずは私自身の経済的問題について書きます。


お金に関して私が下した最もベストな決断は○○○○で、現在でも家族の生活資金的保障を支えています。

家族で△△△△を達成するために、□□□□に対してお金を払いました。

あなたが成長した後、お金に関して以下の5つの習慣を身につけてほしいと思っています。

私はあなたがお金の問題に直面した時に助けたいと思っているし、あなたが経済的に安定した基盤を見つけることを楽しみにしています。この手紙が助けになることを望んでいます。


Palmer氏は、「いいマネーレターとは、書き手が直面したことのある大きな経済的な難関と、多額のお金を得た経験について、1つ以上のエピソードを記してあるものです。そして、お金に関する重要な習慣のリストと、家族の成功を支えた出来事について記しておくべきです」と語っています。

Lieber氏はより良いマネーレターを書く上で、お金に関して知っておくべき重要な知識を記しています。

◆無知を知ること
お金に関する重要な話や見解は、しばしば過去に犯した過ちから生まれます。Palmer氏の母親であるGail Shearer氏は、「完全に理解していないものには投資しないこと」とマネーレターに記しています。Shearer氏はConsumers UnionというNPO団体に23年間所属していたことがあり、「1980年代のアメリカでは税制改革が行われました。入会時に知らされなかったのですが、何年もの間複雑な納税申告をしなければなりませんでした」と語ります。さらには、仕組みが不明瞭な投資信託を勧められることもあったとのこと。そのため、Shearer氏は娘たちにこのような大失敗は最初から避けるべきだとアドバイスを送っています。

◆天才には要注意
Palmer氏の一族の他にも、マネーレターを伝統的に書き記している人々がいます。投資アドバイザーで作家のJohn D. Spooner氏はそのうちの1人で、著書「No One Ever Told Us That: Money and Life Letters to my Grandchildren」では「自らを博識だと主張する人を信じないこと」とアドバイスを記しています。Spooner氏はアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の元議長であるアラン・グリーンスパン氏のスピーチを引用して、「自らの経済コンセプトを数段落のシンプルな文章だけで説明できない人と話す時には、その経済コンセプトが危険である可能性が高いと考えるべきです」と記しています。

◆株式の売却時期を見極める
Spooner氏は書籍の中で、何百万株もの所有株を2008年のリーマンショック以前に売らなかったことに対する後悔も書き記しています。Spooner氏は企業のアドバイザーを務めていたため、「株式の売却時期については熟知している」と自身を過信していたとのこと。しかし実際には1株あたり55ドル(当時のレートで約5700円)の株券が1ドル(約103円)になるまで、Spooner氏は株式を手放さなかったそうです。価値のあるものを売るのは難しいことですが、Spooner氏は「あるものを所有し続けるメリットが3つに満たないならば、それを売却する時期だ」と記しています。

◆支出の記録はお金の価値を示す
Shearer氏は、娘たちへのアドバイスとして「支出の記録をつけること」を勧めています。Shearer氏は結婚当初、夫と共に月に1回経済状況について話す機会を作っていたそうです。「お金に関してお互いの意思を確認し、価値観や目標を共有することは本当に重要です」とShearer氏は語ります。Shearer氏夫妻にとっては、子どもの教育のために貯金することが1番の目標で、次点で夫妻の老後の生活資金を貯めることも重要視していたそうです。

Palmer氏は、「父親が投資を行い、母親が毎日の生活費を管理する、という伝統的な性の役割にしばられる家庭は、子どもたちにお金についての間違った知識を植え付ける可能性が高いと言えます」と語っています。そこでPalmer氏は、子どもたちに対して、いい自己啓発の本を見つけて読むようにとアドバイスを送っています。

・関連記事
「子どもが成功するのに必要な要素」が800人の子どもを30年に渡って追跡した結果判明 - GIGAZINE

大学の学費を12人いる子ども全員が自分で払えるようになった子育て術 - GIGAZINE

世界標準が通用しないアメリカのお金と単位の使い方 - GIGAZINE

「お金があっても幸せになれていない人は、お金の使い方が間違っている」という考え方 - GIGAZINE

お金は人をハッピーにする、ただし隣人よりお金持ちな場合に限る - GIGAZINE

お金で人は変わってしまうのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.