試食

ピリ辛チキン南蛮と超スパイシーなタンドリーチキンが食欲を刺激するロッテリアの「若鶏のチキン南蛮タルタルバーガー」「タンドリーチキンナンサンド」試食レビュー


ロッテリアは夏向けのチキン系の新メニューとして、粗切り唐辛子を加えたピリ辛南蛮ソースを使った「若鶏のチキン南蛮タルタルバーガー」と、ターメリック・コリアンダー・クミンなど16種類ものスパイスで味付けした鶏もも肉をジューシーに焼き上げた「タンドリーチキンナンサンド」の販売を2016年6月16日(木)からスタートしています。夏にぴったりな酸味や辛みが効いたメニューということで、実際に2つとも食べてみました。

~ロッテリア、ひと味違う夏のチキンメニューが新登場!!~ 『若鶏のチキン南蛮タルタルバーガー』、『タンドリーチキンナンサンド』 2016 年6 月16 日(木)より期間限定販売!|ニュースリリース|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/news/000029/

ロッテリアに到着


入り口には大きなポスターが出ていました。


さっそく「若鶏のチキン南蛮タルタルバーガー」と「タンドリーチキンナンサンド」を注文しました。価格は両方とも税込400円です。


まずは若鶏のチキン南蛮タルタルバーガーから食べていきます。


若鶏のチキン南蛮タルタルバーガーはiPhone 5sの半分近くの高さがあり、分厚いチキンの竜田揚げが使われていることがわかります。


上のバンズを持ち上げると、竜田揚げの上にはキャベツとたっぷりのタルタルソースがのっています。


食べてみると、竜田揚げの衣がサクっとカリッとした食感で、鶏肉は非常にジューシー。チキン南蛮というと一般的には甘酸っぱい味付けが多いものですが、チキン南蛮タルタルバーガーは唐辛子が加わったピリ辛風味。ベトナム料理などで使われるスイートチリソースに似た味わいで、甘みだけでなく辛みも感じられるので食欲が進むこと間違いなし。


タルタルソースには大きめにカットされた黄身や玉ねぎがごろごろ入っており、食べ応えも十分。甘辛な南蛮ソースを酸味とコクでキリッと引き締めています。竜田揚げはにんにくなどで下味が付けられているようで、そのままご飯のおかずにできそうな出来栄えのチキン南蛮となっています。


続いて「タンドリーチキンナンサンド」へ


iPhone 5sと比べるとぺったりとしたボリュームのシンプルなサンドイッチです。


ナンを開いてみると、具材はタンドリーチキンとレタスとマヨネーズのみでした。


チキン南蛮タルタルバーガーより平べったいチキンなのが残念なところですが、焼き上げられたタンドリーチキンはたっぷりのスパイスが食欲をそそります。


ナンは生地にヨーグルト・牛乳・少量の砂糖が含まれているとのこと。焦げ目がついていますがとてももっちりした手触りです。


というわけで食べてみます。サクっと食べられそうなサイズに思えたのですが……


一口食べると想像以上にスパイスの風味が本格的で、一瞬、口の中が火を噴いたように感じました。インド料理屋を連想させるほどしっかりとターメリックやクミンなどが感じられますが、たっぷりのマヨネーズがうまく中和してくれます。もちもちのナンもタンドリーチキンとの相性が抜群で、バンズを使わなくて大正解と感じました。最後まで食べると顔にうっすら汗が残るほどスパイシーで、シンプルなサンドイッチながら十分に満足感がありました。辛いものが苦手な人は少し注意が必要です。


なお、「若鶏のチキン南蛮タルタルバーガー」「タンドリーチキンナンサンド」は7月13日(水)までの期間限定販売なので、気になる人は早めに食べてみてください。

・関連記事
濃厚なココナツミルクと厚切りジューシーチキンの本格グリーンカレー「チキンと茄子のグリーンカレー」が松屋から登場したので食べてみた - GIGAZINE

スパイスの辛味&うまみが厚切りチキンに染み込みまくりの松屋「ケイジャンチキン定食」を食べてみた - GIGAZINE

鶏肉がピリ辛カレーに入った「ごろごろチキンカレー」を松屋で食べてきた - GIGAZINE

ザクザク食感のあられ衣を鶏肉にまぶして揚げ・焼き調理を行うケンタッキー「香ばし醤油チキン」試食レビュー - GIGAZINE

食べるにはかなり勇気がいるカエルピザ - GIGAZINE

インドでインド料理に飽きてスターバックスに行ってみたらやっぱりインド料理でした - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log