映画

ディズニーがドラゴンと少年の友情を描く「ピートとドラゴン」を約40年ぶりに実写化、予告編が公開中


1977年に公開されたディズニーの実写映画「ピートとドラゴン」がリメイクされた「Pete's Dragon」の予告編が公開されました。1977年公開の映画では、悪さばかりして人間の友だちがいない孤児のピートと、唯一の友だちであるドラゴンのエリオットの友情を描くというストーリーでしたが、公開された予告編はターザンのような雰囲気も感じられる仕上がりになっています。

Pete's Dragon - Official US Trailer - YouTube


森の中を探索する一人の女性。


人気のない森で、なぜか少年が一人で巨大な木の下にいることを発見します。


女性が話しかけると……


少年はあわてて逃げだそうとします。


木に隠れながらこちらを見つける少年。


「家族や友だちは?」と女性が尋ねるも……


少年は黙ったまま。


警察に報告するも、「キャンプか何かで迷子になったんだろう」という見立てです。


女性は少年を車で連れ出します。


橋をわたり……


自宅へとつれて帰った様子。


「彼は何年ぐらい森の中にいたんだ?」と尋ねる男性に……


「6年です」と女性は答えます。


「6年間1人で森の中で生き残ることなど、誰にもできない。1人ではなかったはずだ」


そして、徐々に言葉を話すようになっていった少年・ピートは「エリオットがいた」と語り始めました。


「エリオットって?」


「僕がいなくなって心配してる」


「エリオットは……人間?」


首をふるピート。


女性の娘は……


ピートの描いた絵を見て「ドラゴンみたい」


再び森に戻り、洞窟の中から出てきたピートは……


顔の前に一差し指を立てて「静かに」のポーズ。


そしてピートの背後から何かが現れます。


走り出すピート。


崖から飛び降りると……


崖の下から現れたドラゴンのエリオットがピートをキャッチ。


空高く飛び立っていきます。


エリオットは自由に自分の体を透明にもできるようです。


一方、ドラゴンの存在は街の人間の知るところにもなり、ドラゴン狩りのようなことが始まります。


ドラゴン狩りを率いる男性が橋に降り立つと……


火を噴いて追い返すエリオット。


ワナにかけようとする男性。


エリオットは暴れまくります。


エリオットの名前を叫ぶピート。


倉庫を破壊。


パトカーが出動する事態に。


「ドラゴン、ドラゴンだ!」と叫ぶ警察官に……


「無線でドラゴンドラゴン叫ぶな」と相棒。


新しい家族を得たピートですが、エリオットとの絆はどうなってしまうのか、そしてエリオットは無事ハンターたちの手を逃れることができるのでしょうか……?アメリカでの映画公開は2016年8月12日が予定されており、日本での公開については記事作成時点で未定です。


なお、1977年に実写化された時は、以下のように半分アニメーション、半分実写という形でした。

Pete's Dragon (1977) - IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0076538/

ちょろちょろと火を噴くエリオットはこんな感じ。


今回の実写化とはまた違った雰囲気です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
90年代のディズニー映画の名場面を切り取って3分に凝縮したムービー「Disney: The 90’s Supercut」 - GIGAZINE

ディズニーの「人食い巨人」をテーマにした映画「The BFG」最新予告編が公開中、さらわれた女の子のその後が徐々に明らかに - GIGAZINE

ディズニーがいかにアニメを再利用しているのか分かるムービー - GIGAZINE

伝説の英雄「マウイ」と少女が伝説の島を求めて冒険に出るディズニー映画「モアナ」予告編 - GIGAZINE

ディズニー映画のキャラクターが官能恋愛映画で愛を表現してしまったら? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.