レビュー

Twitter上の会話のようなやりとりを1人で再現することでアイデアやメモを整理・発展させられるメモアプリ「Mytter」


大事な要件やアイデアを忘れないようにスマートフォンのアプリにメモを残している人も多いと思いますが、そんなメモ系のアプリにひと味違ったアプリが登場しています。SNSスタイルのメモアプリ「Mytter」は、Twitterのタイムラインで交わされる友人との会話のようなやりとりを自分ひとりだけで再現できるというアプリとなっています。

アプリ | kumaSoft
http://yufuan.net/app/

Mytterは、以下の画面のように複数人で会話をしているかのようにメモを残すことができるアプリ。「1人で自作自演するだけ?」と思ってしまいそうな機能ですが、実はここに従来のメモアプリでは実現が難しいメリットが隠されているようです。


MytterはiOS向けにリリースされているアプリです。まずはApp Storeのページを開いて「入手」をタップしてインストール。


インストールが完了したら「開く」をタップしてアプリを起動。


初回起動時には最新のアップデート内容などが表示されるので、チェックをタップして閉じればOK。


アプリのホーム画面が表示されました。もちろん最初は何も表示されていない状態です。


会話を始めるには、まずテキストボックスをタップして文字を入力し、「送信」をタップすると……


入力した文字が会話スペースに表示され、やりとりがスタート。なお、この文字はネットにはアップされておらず、端末内で疑似SNSのやりとりが行われている状態です。


そのままどんどん文字を入力して送信すると、会話が行われるのですが……


初期状態だと自分ひとりしかいないので、延々と独りでつぶやくという寂しい状態になってしまいます。複数人で会話しているように見せるには、画面左上の設定アイコンをタップしてメンバーを追加します。


設定画面の「アイコン」をタップしてメンバーを追加


初期状態では「我が家のまゆちゃん」しかいない状態なので、画面右上の「+」をタップ。


すると、写真へのアクセスを求められるので「OK」をタップして承認。


端末の写真一覧が表示されるので、設定したい画像を選んで「選択」をタップすると……


メンバーが追加されました。しかし当然最初は名前が決まっていないので、名前の部分をタップ。


名前を入力し、「完了」をタップすると……


「きのこさん」が追加され、メンバーが二人になりました。


このようにして、メンバーを増やせばOK。


メンバーが増えたところで、ホーム画面に戻って「まゆちゃん」の会話に返信してみます。画面下のテキストボックスの左にあるアイコンをタップすると登録されているメンバーの写真が出るので、つぶやかせたいメンバーを選んで文字を入力し、「送信」をタップ。


すると、選んだメンバーのアイコンで発言することができました。


アイコンを変えながらどんどん会話を続けることが可能。なお、初期状態では新しい発言ほど上に表示されるのですが……


設定画面の「ルートの並び順(昇順)」をオンにすると……


新しい発言ほど下へと伸びる表示に順番が入れ替わりました。このあたりは個人の慣れに応じて変更すればOKです。


リプライを付けた発言には、このように数字が表示されます。発言をタップして開いてみると……


こんな感じ。まさにTwitterで発言し、リプライをもらうようなやりとりを1人だけで再現できるアプリというわけです。


「まゆちゃん」が、同窓会の呼びかけを行ってきました。


すると、「ジミー」がいい店を紹介してくれる……という自作自演をしてみました。発言時に写真アイコンをタップすることで、写真や画像を添付して発言することもできるようになっているので、まさに気分は1人Twitter。


画像を交えつつ、1人でノリツッコミしながら考えを膨らませてゆくことができるというアプリになっています。


こんな感じでMytterは、どんどんと話を膨らませて行くことが可能なアプリとなっていました。とはいえ、このアプリの目的は決して独り遊びするためではなく、本来の使い方はSNSで会話が広がるようにメモを残していくところにあります。シンプルなメモアプリではおもしろ味のないメモになりがちでも、このように会話形式で内容を広げたり、写真や画像を添付して内容を展開したりすることで、まるで複数人でブレインストーミングをしながらメモを残しているかのように内容が進化していくこともありそうです。

また、Mytterの特長は、コメントの階層を無限に掘り下げていくことが可能な点で、いわゆるアウトラインエディタとしても活用できる点にあるとのこと。従来のメモでは物足りなかったり、いまいち使い勝手が良くないと思っていた人は使ってみる価値ありといえそうです。

なお、このアプリを提供しているkumaSoftさんは、チャット形式で会話をシミュレートすることでアイデアの整理などを行えるアプリ「ひとり会議」を提供している人物でもあります。記事作成時点で確認すると、Mytterに「自動発言機能」が追加された「Mytter Ver.1.3.0」がApp Storeの審査中とのことだったので、近日中には新しい機能を入れてアップデートされることになるようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
5秒以上タイピングをやめると全データが消滅するエディター、強制的に集中せざるを得なくなる「The Most Dangerous Writing App」 - GIGAZINE

思いついたことをさくさくメモすることに特化したフリーソフト「CintaNotes」 - GIGAZINE

壁でもなんでも塗るだけでホワイトボードになる「IdeaPaint(アイデアペイント)」 - GIGAZINE

マインドマップを作成してWord/Excel/PowerPointなどと連携可能なフリーソフト「Edraw MindMap」 - GIGAZINE

頭の中のアイデアや考えをマインドマップ発想で簡単に見てわかるように整理する「マインドマネージャー」 - GIGAZINE

iPadのデザインにそっくりなメモ帳「iNotePad」 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.