試食

モフモフなメロン味の氷がフワッと消えるアイスモンスターの濃厚ココナツアイスと果肉入り「メロンかき氷」を試食レビュー


台湾発のかき氷専門店「ICE MONSTER(アイスモンスター)」に、夏季限定でメロン果肉・ココナツアイス・パンナコッタをトッピングした「メロンかき氷」が2016年6月3日(金)から登場しています。氷はジューシーで香り豊かなメロンの味とのことなので、どんな仕上がりになっているのか、実際にお店で食べてきました。

ICE MONSTER JAPAN オフィシャルサイト
http://ice-monster.co.jp/

アイスモンスターに到着。


平日の17時すぎに到着したところ、15分待ちでした。16時ごろに待ち時間を聞いた時は1時間待ちだったので、夕方ごろになるとややお店がすきだすのかも。


アイスモンスターは席につく前に注文&料金を払うシステムなので、次々に作り出されるかき氷を横目に見つつ注文を済ませると……


番号札とともに席に案内されました。


お水ではなく、ほんのり温かい白湯が提供されるのもユニークなところ。


10分ほど待つと、メロンかき氷が到着しました。


氷はお皿にこんもりと盛られていて、全高はiPhone SEよりもかなり高くなっています。


よくあるかき氷と違い、一粒一粒の氷が独立しておらず、シフォンのリボンを折り重ねたような不思議な見た目となっています。


お皿にはメロンの果肉と……


ココナツアイスクリーム、パンナコッタがトッピングされています。


氷をすくおうとスプーンを差し込んだ時に衝撃的なのが、手応えが「シャリ」でも「サクッ」でもなく、「モフッ」としているところ。かき氷らしからぬ、ふわふわの深雪に手を入れた時のような手応えです。


食べてみると、口の中に非常に強いメロンの香りがまず広がります。ふわっと氷が溶けると、ジューシーなメロンの甘さとほのかな酸味が感じられ、よくある「メロンシロップ」とは違う繊細な風味に仕上がっていました。


かき氷はかなりの量で、周囲のお客さんも商品が届けられた時は「こんなに食べられるのかな……」と不安の声を上げていたのですが、口の中であっという間に溶けていくため、サクサク食べられます。不安そうな声を上げていたお客さんもしばらくするとメロンかき氷をペロリと平らげて「意外といけたね」と話していました。


ココナツアイスはむちゃくちゃ濃厚でクリーミー。シャーベットのようにあっさりしたココナツアイスも存在しますが、メロンかき氷に使われていたのはココナツミルクがたっぷり使われたこってりしたタイプでした。


パンナコッタはかき氷やココナツアイスと比べると甘さが控えめ。


かき氷を食べ続けていると口が冷えてくるので、白湯は非常にありがたかったです。


メロン味のかき氷は少し酸味が感じられましたが、添えられているメロン果肉は酸味がなく、とにかくジューシーでまったりした甘さ。全体として心ゆくまでメロンの風味が楽しめる、メロン好きにはたまらないであろう一品になっていました。


なお、メロンかき氷は税込1400円。数量限定で、8月末までの販売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
かき氷の上にチーズクリームがたっぷりのったパブロの「チーズタルトかき氷‐宇治抹茶」を食べてみました - GIGAZINE

天然素材を使ったカラフルなかき氷を京都の「木と根」で食べてきた - GIGAZINE

燃えるかき氷「焼氷」とはどんな食べ物なのか?実際に食べに行ってきました - GIGAZINE

氷菓の枠を飛び越えた高級スイーツのようなかき氷を食べられるカフェ「yelo」 - GIGAZINE

純氷を使った大盛かき氷を食べるため、炎天の中「枚方凍氷」に並んでみました - GIGAZINE

フワフワ氷がリボンのように折り重なるお店レベルのかき氷が家庭で楽しめる「ふわっとかき氷の素」を使ってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.