ハードウェア

あらゆるスマホやタブレットをワイヤレス充電可能にする「Energysquare」


USBケーブルで接続しなくても充電してくれる「ワイヤレス充電」の恩恵を、あらゆるスマートフォンやタブレットで受けられるようになる充電パッドが「Energysquare」です。

Energysquare - always stay charged by Energysquare - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/700146891/energysquare-always-stay-charged

Energysquare is a wireless phone charging pad that doesn’t use induction | TechCrunch
http://techcrunch.com/2016/05/31/energysquare-is-a-wireless-phone-charging-pad-that-doesnt-use-induction/

Energysquareを使用する際は、この小さなステッカーが必要。


先端にMicro-USB端子がついているので、スマートフォンの端子に挿しこみ、残った部分をスマートフォンの背面に貼り付けておきます。


そして、こちらが充電用パッド。内側にはパネルが4×4の16枚配置されています。


非常に薄い代物です。


先ほどのステッカーを取り付けたスマートフォンを置くと……


充電がスタート。


ステッカーには伝導性ドットが取り付けられていて……


2つのパネルをまたぐように置くことで充電が行われる仕組みです。


ケーブルだと1台に対して1本挿す必要がありごちゃごちゃしがちですが、ワイヤレスなので複数台充電していてもすっきりと片付いた状態を保てます。


なお、上に充電する対象以外のものを置いていても特に動作に支障はありません。


さらに防水なので、万が一水をこぼしても大丈夫。


おかげで、いつでもテーブルの上に置いておくことができます。


なお、ここまでに出てきたパッドは4×4サイズの「Square One」ですが、8×4サイズの大きな「Square Two」もあります。ちなみに大きさはSquare Oneが267.62mm×267.62mm×5.5mm、Square Twoが400.5mm×267.62mm×5.5mm。パネルは1辺55mmです。


充電速度は普通にUSBケーブルを挿したときと同じ。ステッカーには複数の種類・サイズがあるので、使用端末はスマートフォンでもタブレットでも、AndroidでもiOSでもWindowsでも問題ないとのこと。

この製品は現在、Kickstarterで出資を募っていて、目標額の3万ユーロ(約367万円)に対してすでに5万5000ユーロ(約672万円)以上を集めています。

出資すると、
・5ユーロ(約611円):パリ発のポストカード
・59ユーロ(約7220円):Square One×1、ステッカー×5
・69ユーロ(約8440円):Square Two×1、ステッカー×5(早期割引)
・79ユーロ(約9670円):Square Two×1、ステッカー×5
・99ユーロ(約1万2100円):Square One×2、ステッカー×10
・299ユーロ(約3万6600円):Square One×3,Square Two×2、ステッカー×25
・899ユーロ(約11万円):Square One×7、Square Two×3、ステッカー×899
が手に入ります。出資期限は日本時間で2016年6月24日23時58分です。

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

iPhoneも高速ワイヤレス充電可能で熱くならないポータブル充電器「ARK」 - GIGAZINE

iPhone 8はワイヤレス充電・ホームボタン撤去・OLEDディスプレイ搭載など大幅変更アリか - GIGAZINE

Nexus 5XとNexus 6Pがワイヤレス充電に非対応である理由を開発チームが明かす - GIGAZINE

Googleは全自動運転カーをワイヤレス充電化しようと計画している - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt