マインクラフトを使って企業が映画や商品の宣伝を作るのが禁止に

By downloadsource.fr

マインクラフトは「商業目的使用に関するガイドライン」を定めており、マインクラフトのコンテンツやブランドの商業目的での使用が制限されています。マインクラフトは「プレイヤーとファンの皆様がクールなことを行い、それをコミュニティと共有するという考え方」を尊重しており、個人ユーザーによる手作り製品の作成・販売や、無料MODの配布などが許可されています。マインクラフトを運営するMojangは、ガイドラインに新たな項目の追加を発表し、企業・広告代理店・非営利団体・政府団体などに対する制限を厳しくなりました。

Let’s talk promotions built into Minecraft
http://www.mojang.com/2016/05/lets-talk-promotions-in-minecraft/

Mojang Account
https://account.mojang.com/documents/commercial_guidelines

Mojangの公式ブログによると、マインクラフトが過去数年間で大規模な成長を果たしたとともに、多くの企業や組織がマインクラフトを宣伝の場として使用するようになっているとのこと。これらの制作を許可していたのはマインクラフトのコミュニティに還元するためだったのですが、マインクラフトと無関係な製品を販売するためのサーバーやMODが増加していることから、ガイドラインの変更に至ったと説明しています。なお、今回のガイドラインの変更は通常のサーバー運営やムービー関連の収益化とは完全に無関係とのこと。

By Mike Prosser

ガイドラインに新しく追加された内容は以下の通りです。制限されたのは「企業、ビジネス、広告代理店、非営利団体、政府団体、およびその他の団体」。映画や自動車などのMODを制作し、マップやサーバーを公開してユーザーにプレイしてもらうキャンペーンや、マインクラフトのブロックで映画の登場キャラクターを制作したり、それらを使用したゲームプレイを公開したりすることができなくなっています。

Minecraft で宣伝を作る

企業、ビジネス、広告代理店、非営利団体、政府団体、およびその他の団体が Minecraft のゲームプレイを利用して関連性のない製品、キャンペーンまたはサービスの宣伝およびマーケティングを実施することは禁じられています。

特に、お客様がこれらの団体であったり、これらの団体によって雇われている場合、お客様は Minecraft または Minecraft の資産を利用して以下を行うことを禁じられています:

プレイできる形式の Minecraft と関連性のない製品およびサービスの宣伝またはマーケティングとなる Minecraft の Mod、マップ、サーバーの作成および他社にその作成を依頼すること、例えばお客様は Minecraft のゲーム内でブランド自動車を描写する mod を使ってブランド自動車の宣伝またはマーケティングを行うことは禁止されています。
なんらかの企業による映画またはテレビ番組の宣伝またはマーケティングとなる Minecraft の Mod、マップ、サーバーの作成および他社にその作成を依頼すること、例えば、Minecraft のブロックを使って、お客様の会社あるいはお客様の顧客の映画またはテレビ番組の宣伝およびマーケティングとなるワールドやキャラクターを作り、それを使ったマップおよび/または動画を作ることは禁じられています。
実際の場所で Minecraft のゲームプレイの公開表示や投影の提供すること、例えば、お客様はレストランやその他の商業施設内の大型スクリーンで Minecraft のゲームプレイを宣伝および広告することや、映画スクリーンにゲームプレイが投影して、Minecraft のゲームプレイ、リーグ、コンペティションなどに料金を取ることが禁止されています。
Minecraft のゲームプレイを通しての宣伝またはマーケティング動画およびムービートレーラーの作成および他社にその作成を依頼すること、例えば、お客様は映画の宣伝またはマーケティングのためのムービートレーラーを Minecraft のゲームプレイを介して作成および宣伝することを禁じられています。
お客様(またはお客様のクライアント)の企業ブランド、製品またはサービスの宣伝。


以前に、携帯電話事業者Verizonがマインクラフトの中にバーチャルスマートフォンを作成し、マインクラフトのエキスパートとされるCaptainSparklezさんがデモプレイを行ったことがありますが、これは新しいガイドラインでは禁止になると予想されます。

マインクラフト上で動作するバーチャルスマホが登場、カメラ・ブラウザを搭載して現実とゲームの境界線が消える - GIGAZINE


一方で、許可事項も以下のように書かれており、個人的に好きな映画を応援するためにお気に入り映画に関するMOD・マップ・サーバーを作って公開するなど、企業や団体が関わっていなければOKとのことです。

ただし、以下は許可されています:

Minecraft 動画内でお客様のビジネスを有料の広告ウィンドウで宣伝すること、例えば、プレイヤーによって個人的にアップロードされた Minecraft 動画において、バナーまたは YouTube でお客様の広告を販売すること。
Minecraft に関連するウェブサイトまたはサーバーでお客様のビジネスの広告が利用されるために料金を支払うこと。ただし、お客様のブランド、製品またはサービスのワールド内でのリプレゼンテーションを作り出す Mincraft mod/マップ/サーバーをデザインまたはホストするためにサーバーオペレータを雇用しない場合に限ります。
お客様が個人的にファンである製品または映画の環境を Minecraft mod/マップ/サーバー に作成すること。ただし、お客様がこの製品または映画を作成している団体またはブランドや製品を宣伝するためにその団体に雇われた人物による依頼を受けていない場合に限ります。同様に、お客様は自分が支持する政治の候補者の支持表明が行えますが、その候補者に宣伝のために雇用されていない場合に限ります。

・関連記事
マイクラで複数人プレイが楽しめる「Minecraft Realms」がクロスプラットフォームに対応、PC版やスマホ版の垣根が消える - GIGAZINE

マインクラフトの世界の中に入り込める「Minecraft: Gear VR Edition」ついにリリース - GIGAZINE

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE

「Oculus Rift版マインクラフト」で仮想現実ゲームプレイの様子はこんな感じ - GIGAZINE

自由にクラフト・移動が不可能なマイクラ会話ゲー「Minecraft: Story Mode」レビュー - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log