ゲーム

数々の賞を獲得したゲーム「Monument Valley」はこの2年間でどれだけダウンロードされて儲けたのかが明らかにされる


幻想的な世界観のグラフィックと、「だまし絵」をベースにしたあっと驚くトリックで多くの人の心をつかんだパズルゲーム「Monument Valley」は、2014年の登場以来多くの賞を獲得してきました。ゲームを開発したustwo Gamesは、リリースから2年が経過したMonument Valleyがこれまでに何回ダウンロードされ、どのぐらいの売上をあげ、どんな賞を獲得してきたのかを明らかにしています。

Monument Valley in Numbers: Year 2 — Medium
https://medium.com/@ustwogames/monument-valley-in-numbers-year-2-440cf5562fe

◆ゲーム「Monument Valley」とは
Monument Valleyは、現実的にはありえない建物や幾何学的な世界の中で主人公を操ってパズルを解き明かすというゲームで、そのグラフィックの美しさやパズルのおもしろさが高く評価されています。どのようなゲームなのかは、実際に追加ステージの「Forgotten Shores」までプレイした以下のレビュー記事で詳しく見ることが可能です。

幾何学模様のはざまを冒険する「2014年のベストApp&ゲーム」のだまし絵ゲーム「Monument Valley」 - GIGAZINE


ustwo Gamesはゲームの実績を広く公開する姿勢を明らかにしており、実際に2015年1月にはリリースから約9ヶ月が経過したMonument Valleyのダウンロード回数や売上額などを公開していました。その中では、ゲームの開発に約1億円の費用が投じられ、売上は約6億8000万円にものぼることなどが明らかにされていました。

2014年のベストApp&ゲーム「Monument Valley」驚愕の開発費用や収益データ公開 - GIGAZINE


◆リリース2年後のダウンロード回数などを示すインフォグラフィック
そしてリリースから2年が経過した2016年5月、ustwo Gamesはインフォグラフィックを使って2度目の実績公開を行っています。その内容によると、2年間でのダウンロード回数は約2610万回で、すでに5000万デバイス上にインストール済み。2年間の総売上は約1438万ドル(約16億円)となっており、プラットフォーム別のシェアはiOSが73%と圧倒的トップ。


総ダウンロード回数2610万2459回のうち、約80%に相当する2100万7189回は無料ダウンロード期間中に行われたものとのこと。また、本編に続く続編「FORGOTTEN SHORES」への有償アップグレード(2016年5月時点240円)は約273万回行われています。また、1年目の総ダウンロード回数は約310万回でしたが、2年目には2200万回に大きくアップ。プラットフォーム別に見ると、iOSと並んで中国のiDreamSkyが大きなシェアを持っていることが分かります。


2015年1月以降の日々の売上推移のグラフはこんな感じ。2015年3月には、ドラマ「ハウス・オブ・カード」の中でケビン・スペイシーがゲームをプレイしたことでグラフが急激に伸びているほか、99セントキャンペーンや半額キャンペーン、無料キャンペーンなどを実施するたびにグラフが伸びていることが分かります。


また、Monument Valleyにまつわる数字なども。前述の「ハウス・オブ・カード」では、ケビン・スペイシー演じる大統領がMonument Valleyで遊んでいたほか、13の博物館やギャラリーなどで展示されていたり、デジタル版サウンドトラックの売上は約2万4000ドル(約260万円)、グッズの売り上げが2万8000ドル(約310万円)、そして新しいレベルへの要望が数え切れないほど寄せられている、といった感じに数字が並んでいるのがわかります。


Monument Valleyは、スマホゲーム「クロッシーロード」のステージとしても登場します。このステージではこれまでに主人公の少女「IDA」が約3400万回、IDAの相棒となる「トーテム」が約170万回死んでいるという統計に。ちなみに、トーテムは隠しキャラとして登場しています。


Monument Valleyはこれまでに20個のアワードを獲得。「2014年 iPadゲーム・オブ・ザ・イヤー」や「第11回インターナショナル・モバイルゲーミング・アワード」のグランプリのほか、ベストビジュアルアート賞やベスト3Dビジュアル賞など、多くの賞で表彰を受けました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
幾何学模様のはざまを冒険する「2014年のベストApp&ゲーム」のだまし絵ゲーム「Monument Valley」 - GIGAZINE

480円が無料に、騙し絵の中を冒険するパズルゲームの傑作「Monument Valley」がApp StoreとAmazonで無料で提供中 - GIGAZINE

2014年のベストApp&ゲーム「Monument Valley」驚愕の開発費用や収益データ公開 - GIGAZINE

App StoreのiPhone・iPad向け2014年度ベストアプリ&ゲームまとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.