ハードウェア

マイクロソフトがHoloLensを軍事利用する計画を公表するものの突如として非公開に

By Microsoft Sweden

Microsoftが開発している現実世界にホログラムを投影するヘッドアップディスプレイが「HoloLens」です。HoloLensはOculus RiftやPlayStation VRなどのVRヘッドセットとは異なり、現実世界にデジタルデータを重ねて表示するもので、その使用感はVRヘッドセットとはまるで別物です。そんなHoloLensを軍事利用する計画がMicrosoftにより練られていることが明らかになりました。

Microsoft wants HoloLens to be used by the military [Update]
http://www.neowin.net/news/microsoft-wants-hololens-to-be-used-by-the-military


Microsoftが同社のブログ内で、HoloLensをさまざまな分野に拡張していく構想を描いていることを明かしました。Microsoftがブログ内で明かした使用用途として最も強調されていたのが「より良いコミュニケーション用のツール」というもので、軍隊の指揮者と隊員の間でリアルタイムであらゆる理解が得られるような使用方法を推奨していたそうです。

Microsoftが示した具体例は、兵士の現在地がわかるような3DマップをHoloLensに表示することで、兵士の位置がより正確にわかり、戦術的なオプションなどをより理解できるようになるというもの。また、敵ユニットや資源をマップ上に正確に示したり、作戦の全体像をホログラムで計画したりすることも可能です。

By Microsoft Sweden

その他にも、HoloLensを使えば航空整備士のような専門技術員に必要な情報をより早くより有用に使用できるようになり、軍の装備品のデザインをより良くしたり、武器の組み立てをよりスムーズに行えるようにしたりすることも可能。といった具合に、軍関係の様々な場面でHoloLensが活躍するとMicrosoftはブログ内で主張していた模様。

なお、これまでHoloLensの使用例としては「ゲーム」「スポーツ観戦」「コミュニケーション手段」などが挙げられていました。

現実世界にリアルな敵がわんさか現れるヘッドセット「Hololens」を使った圧巻のMicrosoftゲームデモ - GIGAZINE


近未来に自宅でのスポーツ観戦はVRでこう変わる、Microsoft HoloLensのコンセプトムービー「Microsoft: Imagining the future for NFL fans」 - GIGAZINE


物体を遠隔地にリアルタイムかつ精密に出現させられる「holoportation」でコミュニケーションの形が激変する可能性 - GIGAZINE


また、軍事利用とは異なりますが、MicrosoftとNASAはHoloLensを宇宙空間で使用する「Sidekick」という共同プロジェクトを発表しています。

現実とバーチャルを融合させるデバイス「HoloLens」でNASAがMicrosoftとの共同プロジェクトを発表 - GIGAZINE


なお、MicrosoftはHoloLensの軍事利用について記述したブログポストを削除しており、その他の詳細は一切が謎のままです。

・関連記事
現実空間に3Dホログラムを投影し実世界と映像が重なり合うMicrosoft製ヘッドアップディスプレイ「HoloLens」を体験してきました - GIGAZINE

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」をバラバラ分解、極上の「複合現実」を生み出す各ユニットはこうなっている - GIGAZINE

現実空間にホログラムを表示する「HoloLens」のスタートメニューや専用アプリがどんなものかわかるムービーが公開 - GIGAZINE

現実世界にホログラムを重ねてリアルとバーチャルを融合する「Microsoft HoloLens」の開発者キットがいよいよ登場 - GIGAZINE

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」の開発者バージョンの登場で「複合現実」の使用感が明らかに - GIGAZINE

近未来に自宅でのスポーツ観戦はVRでこう変わる、Microsoft HoloLensのコンセプトムービー「Microsoft: Imagining the future for NFL fans」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logu_ii