×
試食

厚切りポテチを好きにアレンジできる「AND THE FRIET」のホームメイドポテトチップスを食べてみた


フレンチフライ専門店の「AND THE FRIET(アンド ザ フリット)」に、2016年4月8日から「専門店ならではのこだわり」と銘打ったホームメイドチップスが登場しました。チップスは波形カットの「ウェーブ」と厚めにカットした「スライス」の2種類があり、シーズニングは5種類から選べて、組み合わせは10通り。好きなアレンジで食べられるということだったので、買いに行ってきました。

AND THE FRIET(アンド ザ フリット)| フレンチフライ専門店
http://andthefriet.com/


こだわりの”ホームメイドポテトチップス”が登場! | AND THE FRIET
http://www.andthefriet.com/blog/homemadepotatochips/

お店は広尾、原宿、横浜、代官山にありますが、今回は広尾のお店に行ってきました。東京メトロ日比谷線の広尾駅から徒歩3分ほどで、サブウェイの並びにあります。


お店の前に出ていたメニューにはポテトチップスが載っていなくてちょっと焦りましたが……


レジカウンターに置かれていたメニューにはちゃんと掲載されています。1箱500円で、形状をスライスカットかウェーブカットから選択したのち、シーズニングをハーブソルト・プレミアムソルト・シュリンプ&バジル・のりしおリッチ・ハーブゴルゴンゾーラの5つから選びます。


イートインスペースもありますが、ちょっと狭めです。


今回は持ち帰りにしました。


箱や袋にはヒゲの濃いダンディが描かれています。


上がスライスカット+プレミアムソルト、下がウェーブカット+ハーブゴルゴンゾーラ。


スライスカットに使われているのは、アメリカでは代表的なジャガイモであるラセットバーバンク種。皮付きで厚めにカットされています。


横から見てもこの分厚さで、食感は「パリッ」というよりは「ボリボリ」と、しっかりとしたものがあります。フランス産海塩を使用したというプレミアムソルトは、この種のポテトチップスとしてはかなり薄味に仕上がっていて、おやつにも晩酌のお供にもなりそうな一品でした。


一方、ウェーブカットはアメリカ北西部産のユーコンゴールド種を使っているとのこと。シーズニングはハーブゴルゴンゾーラ。


ウェーブのおかげでシーズニングをしっかりと表面にため込んでいるのですが、それゆえに味の強いハーブゴルゴンゾーラではちょっと濃すぎたかもしれません。しかし、これは味が濃いだけにビールを飲み過ぎてしまいそうで、食べるときにはちょっと注意した方が良いかも。

・関連記事
フレンチフライを6種類のカットと豊富なソースで楽しめる「AND THE FRIET」 - GIGAZINE

オリーブオイルをかけてノンフライなのに揚げたてを実感できるポテトチップス「Pototto+」を食べてみました - GIGAZINE

「ジャンクに健康を!」がポリシーのフライドポテト専門店「ロブソンフライズ」試食レビュー - GIGAZINE

第4の朝食としてポテトチップスを定着させたい湖池屋の「ポテトチップス トースト味&牛乳味」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt