試食

ポテトなのにりんご味、果物の老舗 京橋千疋屋「非公認」の湖池屋「ポテトチップス りんご味」を食べてみた


みかん味のポテトチップスに始まりショートケーキトースト味&牛乳味のポテトチップスなど、「まさか」というフレーバーを次々に登場させている湖池屋が、2016年5月30日(月)からりんご味のポテトチップスを発売します。発売にあたって果物の老舗「京橋千疋屋」を訪問して食べてもらったところ、お墨付きはもらえなかったものの果物の新しい可能性を広げた点には共感してもらえた、という「ポテトチップス りんご味」を、一足先に食べてみました。

果物の老舗 京橋千疋屋“非公認” 湖池屋「りんご味」のポテトチップス発売 オンライン店舗にて“第4の朝食お試しセット”限定発売
http://koikeya.co.jp/news/detail/737.html

これが「ポテトチップス りんご味」のパッケージ。巨大なりんごの写真が目印です。


原材料名には馬鈴薯、植物油などポテトチップスらしい材料の隣に「りんご果汁パウダー」の文字。なお、りんごは国内産のふじを使用しているとのこと。1袋50gあたりのカロリーは284kcalです。


袋からポテトチップスを開けてみます。


お皿に出してみた時点では、とくにりんごの香りなどはありませんでした。


しかし、食べてみると、じゃがいもの風味を感じる前に甘酸っぱいりんごの果汁が口の中に広がります。りんごとじゃがいもとの相性も想像以上によく、「ポテトなのにりんご味」という不思議さはあるものの、甘じょっぱいお菓子として断然アリです。


また、シナモンパウダーをかけてみると……


突然アップルパイのような風味になり、ポテトチップスとは思えないおしゃれな味が楽しめました。


バナナ味のポテトチップスは牛乳との相性がよかったので、りんご味もいけるのでは?と食べてみたところ、チップスのサクサク感とりんごの甘酸っぱさという組み合わせがグラノーラのような雰囲気で、シナモンパウダーをかけた時のような感動はありませんでしたが、これもアリと言えばアリ。


最後に、チョコレートでコーティングしてもいけるということで、試してみると……


まろやかなチョコレートと塩気のきいたポテトチップスにりんごの甘酸っぱさが加わり、新感覚のスイーツに。チョコレートの存在感が強いのでりんごの風味がやや負け気味ですが、コーヒーや紅茶のお供としてもぴったりです。


ポテトチップス りんご味の実勢参考価格は115円前後。なお、湖池屋のオンラインショップではポテトチップス トースト味&牛乳味とりんご味の3種が2袋ずつセットになった「第4の朝食お試しセット」が2000セット限定で税込・送料込みの980円で購入可能となっています。

【送料込】ポテトチップス 第4の朝食お試しセット(お一人様3セットまで)(トースト味(50g×2袋) , 牛乳味(50g×2袋) , りんご味(50g×2袋)): コイケヤポテトチップス|おやつを買うなら湖池屋オンランショップ

・関連記事
高級フルーツやマンゴーカレーなどが食べ放題でケーキやオードブルまでセットの千疋屋総本店「世界のフルーツ食べ放題」でフルーツ全種類を制覇してきました - GIGAZINE

簡単に作れておいしく健康的な朝食のアイデア10個 - GIGAZINE

健康雑誌の編集者17人が食べる朝食パターン17種類 - GIGAZINE

第4の朝食としてポテトチップスを定着させたい湖池屋の「ポテトチップス トースト味&牛乳味」を食べてみた - GIGAZINE

新鮮フルーツを思う存分味わいたい人のためのフルーツパーラー「果実園リーベル」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa