メモ

「権力の起原」を考古学者がペルーのアンデスで発見

by jason train

かつては世界のどこにも「権威による統治」は存在しませんでしたが、今では「権威」は組織の基本となっており、「責任者は誰ですか?」という発想は当たり前のように人々の頭の中にあります。このシステムはいつ生まれたものなのか、ペルーのアンデス山中にある遺跡を研究する考古学者らが謎を解く鍵を発見しました。

Stanford archaeologist traces the origins of authority to the Andes of Peru | Stanford News
https://news.stanford.edu/2016/04/25/stanford-archaeologist-traces-origins-authority-andes-peru/

ユネスコの世界遺産にも登録されているペルー・アンデスにある約3000年前の遺跡「チャビン・デ・ワンタル」を研究しているのがスタンフォード大学のジョン・リック準教授です。チャビン・デ・ワンタルは紀元前900年から200年前に文化が発達したと見られている場所。リック準教授は20年以上にわたってチャビン・デ・ワンタルで権威システムが発達したプロセスを示す証拠を集めており、その中で徐々に「階級制の社会が作られるプロセスにおいて『宗教』の存在が重要な役割を果たしていた」ということが明らかになってきました。

by Punki :)

リマから北に250kmほどのアンデス山脈にあるチャビン・デ・ワンタルは当時、宗教的な中心地として機能しており、聖職者たちは来訪者に光・水・音などを扱うさまざまな日常業務を課していました。「これらは建築物の中で人々が儀式的行為を通して操作されていたという考えを確証づけます」とリック準教授。リック準教授によると、時を経るにつれて権威の存在を示す装置やオブジェクト・行動などが備えられていき、権威は大きくなっていったとのこと。

チャビン・デ・ワンタルを対象とした過去の考古学的研究は、チャビン・デ・ワンタルが帰依の場所であったが故に人々を魅了したと考えていましたが、チャビン・デ・ワンタルに集まる人の中に一般人は少なく、選ばれた巡礼者や中央アンデスからやってきた地域のリーダーがほとんどだったことから、リック準教授らは「自分の地位を上げ、社会をコントロールするポジションに立つための正当な理由」を求めた人が集まる場所としてチャビン・デ・ワンタルが利用されていたと結論づけました。チャビン・デ・ワンタルに集まる人々はちょうど、自分の属する社会で「階級」を作ろうとしている最中にあったわけです。

by Michael Coghlan

また、リック準教授らは、遺跡の地下に全長2キロにも及ぶ迷路のようなギャラリーのような場所を発見。この場所は聖職者らが来訪者を操り、閉じ込めておくためのものだったと見られています。さらに、チャビン・デ・ワンタルのリーダーらは自身の行いを石に彫って記しており、石に刻まれていた内容から、巡礼者に対して精神に影響を及ぼすドラッグを用いていたとも考えられています。

by Fanny & Greg

このほか、建築物内では地下運河の水をくむ複雑な水圧システムが用いられていました。水を無理にくみ上げることは氾濫の危険があるにも関わらず、チャビン・デ・ワンタルの聖職者らは水の流れをコントロールしようと試みていました。自分たちが自然をコントロールしていることを人々に見せるという行動こそが、聖職者らが自分たちの権威を示すための行動を取っていたことの証拠だと考えられています。

まだまだ採掘作業は続いており、上記の内容はチャビン・デ・ワンタルで「権威」が存在したことの一例に過ぎません。チャビン・デ・ワンタルの巡礼者が地下スペースで何を体験していたのか、聖職者らのどのような超自然的な力を目の当たりにしていたのかはまだ多くが謎に包まれていますが、上記のような事実から、リック準教授はチャビン・デ・ワンタルで人間の心理が探索され、「特定の刺激に対して人がどう反応するのか」ということが実験されることで、カリスマ的リーダーの存在する複雑な権威主義の社会が生まれていったのだと結論づけています。

by Matthew

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「多数決」以上に民意を反映できる選挙方法とはどのようなものなのか? - GIGAZINE

なぜ満場一致の意見を信じるべきでないのか? - GIGAZINE

集合知が衆愚になるのはバイアスが原因、そして衆愚化するのを防ぐ方法 - GIGAZINE

上司が無茶な仕事の予定を組むのは「時間の認識がゆがんでいる」から - GIGAZINE

自分は「ナルシスト」なのか?ナルシストの特徴・原因などをわかりやすく解説したムービー「The psychology of narcissism」 - GIGAZINE

世界の悪名高い独裁者やテロリストたちはどんな音楽を聴いているのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.