メモ

世界で最も健康な96歳の高齢スポーツマンが語るトレーニングとその「メリット」、そして社会の姿とは


96歳のイギリス人、チャールズ・ユーグスター(Charles Eugster)さんは200メートル走(屋内)、400メートル走(屋外)の種目で世界記録を保持し、60メートル走(屋内)、100メートル走と200メートル走(ともに屋外)のイギリス記録を持つという、トップアスリートの一人と言える人物です。かつては歯医者として働き、90歳になるまで特に運動もしていなかったというユーグスターさんがなぜ運動をするようになったのか、そしてそれによって得られた思いがけないメリットに何があったかなどを、若者カルチャーメディアの「Vice」に語っています。

The Healthiest Old Person on the Planet Explains How to Stay in Shape | VICE | Canada
http://www.vice.com/en_ca/read/charles-eugster-fittest-oap-on-planet

現在はスイスに住むというユーグスターさんは前述のような短距離ランナーであると同時に、ボディービルダー、講演者、作家、ボート選手、ウェイクボーダーであり、そして年配層向けのアパレルをプロデュースする起業家でもあります。忍び寄ってくる老いと死に抵抗するように活動するユーグスターさんですが、実際に体にも「若返り」の変化が起こっているとのこと。


ユーグスターさんは2016年に開催された陸上競技大会で、出場した60メートル走を18秒台のタイムで制してヨーロッパチャンピオンに輝く成績を収めたとのこと。14秒28という世界記録には及びませんでしたが、90歳のドイツ人、99歳のイタリア人を相手に序盤からリードを守った96歳のユーグスターさんは、競技中にふくらはぎの筋肉・ハムストリングがつるというトラブルを起こしながらもトップのままゴールラインを走り抜けました。

ユーグスターさんがスポーツを始めたのは、87歳の頃に体の衰えを感じだしたのがきっかけだったとのこと。ブヨブヨのおなかを抱え、筋力がどんどん弱っていくことに我慢ができなかったユーグスターさんは、地元のボディビルクラブに加入し、元世界チャンピオンのボディビルダーを個人トレーナーに雇って体を鍛え始めたそうです。


そのおかげで、ユーグスターさんはもう老いを感じることはなく、まるで自分が60歳のように感じているとのこと。体を鍛えることは素晴らしいと語るユーグスターさんは、以前はひどい風邪に悩まされることもあったのですが、体を鍛えだしてからはすっかり体調が良くなり、90歳からの6年間で2回しか風邪をひいていないそうです。

体を鍛えた効果は、なんどユーグスターさんの「リビドー(性的欲望)」にも影響を及ぼしているとのこと。

それを象徴する出来事をユーグスターさんは語ります。ある日、ジムで個人トレーナーに呼ばれたユーグスターさんはトレーナーに「性欲が強くなったと思うようになったか?」と尋ねられたとのこと。困惑したユーグスターさんは「そんなことは話したくないな。プライベートな問題だ」と突っぱねたのですが、トレーナーは食い下がります。そしてついにユーグスターさんはトレーナーの根気に負け、「仕方ないな、誰にも言わないでくれよ。これからすごいことを教えるから。私がこのプログラムを始めるようになってから、すっかり『お白いもの』になっていた私の下のヘアーに、『茶色いもの』が生えるようになったんだ!」と告白したそうです。

すっかり「若さ」の象徴を取り戻したユーグスターさんは、「年をとって90になっても、ビーチで70歳の『女の子』を振り向かせるボディは作れるよ」と語り、年をとっても若さを取り戻すことができることを具現化しているように見えます。そんなユーグスターさんの体を支えている食べ物については「多様性がカギだ」と答えているとのこと。年をとるとタンパク質の合成が若い頃より衰えるので、朝食にはプロテイン・シェイクを飲んでいるそうです。


そんなユーグスターさんですが、脂肪を控えることには異論がある様子。「この前もFatty Trip(デブ活)に出かけたよ」と語るユーグスターさんは、スーパーなどに並んでいる「低脂肪ヨーグルト」の存在が許せないようで、「食物ピラミッドの頂点にはわずかな脂肪と肉、そして底辺には炭水化物が存在している、という考え方は、失礼、クソだね」と丁寧に過激な考えを語っています。さらに「栄養学の行き着いた先が、肥満のまん延というこの状況だ。狩猟民族が低脂肪ヨーグルトを食べるなんてこと、想像できるかい?もう一つ教えてあげよう、脂肪の多い食べ物は、性欲を強くするんだよ」と、実にエネルギッシュな内容を話しています。

Viceの「残念なことに、奥様を15年前に亡くされていますね。性欲についてのお話しでしたが、いまでも恋人を求めていますか?」という質問に対しては、「ええ。しかし今の私にはやることがたくさんあって時間がないね。恋人を紹介してくれるサービスにも登録しているけど、どこも紹介してくれるのは70歳代どまりだ!それ以上の年代はサッパリだね」と返答。その理由について尋ねられると、「70歳から100歳という年齢層は、社会から忘れ去られている。社会からも、医療からも、学問の世界からも。仕事を見つけることもできないしね。ジムに行ってもわかるよ。70歳以上が対象のプログラムが存在していないんだ。日本にはあるんだけどね。現在の社会の年寄りへの扱いはひどいものだ」と、高齢者が置かれている苦しい状況について心境を吐露しています。

そしてユーグスターさんは「定年で仕事を去ることが、高齢者を弱らせている。私はむしろこれを『選択の余地がない失業』と呼んでいる。私が怒りを感じているのは、人々は老いのプロセスを無視しているということだ。今の社会は何でもリサイクルするが、年寄りだけはリサイクルされない。私たちの有効期限は65歳だよ。そのあとはゴミのように積み上げられて、科学的な処置を受け続けることになる。年寄りが持っている経験や生産性、才能を、私たちの社会はトイレに流してしまっているようなものだ。年寄りにだって仕事が与えられ、クリエイティブにならないといけない。それが今はただボーッとして病気になるのを待つだけ。これは世界の問題であって、変えなければならない」と、持論を語ります。

By tec_estromberg

そんなユーグスターさんは、高齢者向けの職業トレーニングプログラムを立ち上げることを目標にして活動中とのこと。また、「年寄りの服はヒドいものだ」と語るユーグスターさんは、年配層向けのアパレルブランドの立ち上げをも目指しているとのこと。第二次世界大戦、米ソ冷戦、数々の大恐慌を目の当たりにしてきたユーグスターさんは若い人に対して「自分の才能を探し求めて学び続けること」とアドバイスを送っています。そして、生涯で1つだけの仕事にこだわらず、いろいろな仕事を経験することを勧め、現在の社会はデジタル時代の入り口であり、これから先がどうなるかは誰もわからないこと、そして、数々の経験を積んできた年配者の活用を進めることをアドバイスしています。

最後に、短距離走のことを尋ねられたユーグスターさんは、60メートル走よりも長い「100メートル短距離走」へのチャレンジを語ります。現在、100歳以上のマスターズクラスの世界記録は、105歳の日本人、宮崎秀吉さんが持つ42秒22というタイムなのですが、ユーグスターさんはこのタイムへの挑戦を狙っているとのこと。二人合わせた年齢が200歳を超えるとのことで、「面白いことになるだろうね!」とユーグスターさんは語っています。

宮崎さんが世界記録を出したときの走りが、以下の映像に収められています。ムービーでは、記録達成後にウサイン・ボルトのように「弓を射るポーズ」を見せるという一幕も。

105-year-old Hidekichi Miyazaki has set a 100-meter world record, Issues a Challenge to Usain Bolt - YouTube


そして、そんな宮崎さんに対して、本物のウサイン・ボルト選手がTwitterで返答するというやりとりも行われていました。

S/o to 105 year old Hidekichi Miyazaki of Japan who holds the record for the oldest sprinter to compete over 100m pic.twitter.com/9Yq3M2qMhS

— Usain St. Leo Bolt (@usainbolt)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
運動時、私たちの脳に何が起きてどのように幸福感をもたらしているのか? - GIGAZINE

「加齢による衰え」について信じられている6つの誤った通説について - GIGAZINE

「運動を始めるには遅すぎる」ことはなく、数十歳以上若い筋肉を保てることが明らかに - GIGAZINE

平均寿命100歳の世界で人はかつてないほど充実した人生を送れる - GIGAZINE

「筋肉」に関してあまり知られていない10の事実 - GIGAZINE

若者ではなく55歳以上の高齢スタッフを雇うメリットとは? - GIGAZINE

老人は視覚学習を若者とは違う脳の部位で行っている - GIGAZINE

in メモ,   生き物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.