メモ

Googleがボストン・ダイナミクスを売却へ、売却先にはトヨタ・Amazonが浮上


Googleの傘下に入り、人間の妨害にも負けずけなげに任務を遂行し続ける人型ロボ「アトラス」などの先進的なロボット開発を行ってきたボストン・ダイナミクスが売却される方向であることが報じられました。売却先にはトヨタ系企業やAmazonの名前が挙がっており、今後の展開に注目が集まりそうです。

Google Puts Boston Dynamics Up for Sale in Robotics Retreat - Bloomberg Business
(クリックでムービーが自動再生)http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-03-17/google-is-said-to-put-boston-dynamics-robotics-unit-up-for-sale

Alphabet reportedly putting robot builder Boston Dynamics up for sale | The Verge
http://www.theverge.com/2016/3/17/11254676/alphabet-reportedly-putting-robot-builder-boston-dynamics-up-for-sale

この売却の見方は、Bloomberg BusinessなどがGoogle内部の事情に詳しい人物の情報として報じたもの。Googleは2013年にボストン・ダイナミクスを買収してロボット技術の開発を進めていましたが、今後数年の間で収益を生む可能性が低いと判断されたことから、Googleの親会社であるAlphabetはボストン・ダイナミクスの売却を決めたと報じられています。


そしてその売却先として名前が挙がっているのが、トヨタがアメリカで設立した人工知能研究新会社Toyota Research Institute(TRI)や、アメリカのAmazon.comといった企業。トヨタは自動運転カーの開発にAI(人工知能)を活用したロボット技術を必要としていること、またAmazonも倉庫内作業の手段の一つとしてロボットの活用を模索しているとみられるため、いずれの企業も有力な「買い手」と見ることができそう。この件に関し、GoogleとTRIはコメントを拒否し、Amazonは問い合わせに反応しなかったとのこと。

ボストン・ダイナミクスは、マサチューセッツ工科大学の元教授であるマーク・レイバート氏が1992年に設立したロボット開発企業。商業向けではなく、国防総省の高等研究計画局(DARPA)などに対して荒れ地でも使えるロボットを開発してきました。そんなボストン・ダイナミクスの名前を一躍有名にしたのは、「蹴られても転ばない犬型ロボット」として2008年ごろに登場した4本足ロボットでした。

横から人に蹴られても持ちこたえ、凍った路面に脚を取られながらも必死に持ちこたえようとする4本足ロボットの技術力の高さは以下の記事を見ればわかります。

驚異のバランス感覚、絶対に転ばない犬型ロボット - GIGAZINE


そんなボストン・ダイナミクスを世界が放っておくわけもなく、2013年にはGoogleによって買収されました。買収後も開発は進められ、四足歩行ロボット「スポット」が犬とのバトルに挑む様子や、最新鋭の人型ロボット「アトラス」が淡々と雑用をこなすムービーなどが公開されるたびに世間の驚きと注目を集めました。2016年2月に公開された、「アトラス」が人間のイジメにもメゲずに作業を続けるムービーはその最たる例で、人間と同じような動きをそれほど遅くないスピードでこなす姿にやはり驚きの声が挙がっています。

人型ロボ「アトラス」が倒されても荷物を奪われてもめげずに任務を遂行するシュールなムービー - GIGAZINE


しかし2015年11月の時点で、Google社内でも迷走気味の様相を呈していたことが報じられていました。

Googleが2020年までに「ロボットの完成」を目指す、しかし開発組織は迷走気味の様相 - GIGAZINE


Bloomberg Businessの報道によれば、Google傘下に入った後もボストン・ダイナミクスが独自路線を続け、Googleの研究機関である「Google X」への編入などを拒み続けてきたことが両社の間に溝を生んだ模様。また、ボストン・ダイナミクスの買収に尽力し、Google社内のロボット部門「Replicant(レプリカント)」を率いていたアンディ・ルービン氏が2014年に同社を去るなどで、Google社内でリーダーシップを発揮する存在がいなくなってしまったことも一因となっているようです。

なお、売却額などの詳細は記事作成時点では不明です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleが歩行ロボットメーカーのボストン・ダイナミクスを買収 - GIGAZINE

二足歩行の人型ロボットがどれくらい進化してきたかがわかるムービー「Meet ATLAS!」 - GIGAZINE

ターミネーターの世界がついに到来、人型ロボット「アトラス」がラボの外へ - GIGAZINE

走行しながら障害物を認識して飛び越える驚異の技術を実現する四足歩行の「チーターロボット」が登場 - GIGAZINE

Googleの不気味な四足歩行ロボットがサンタのトナカイになり泣く子も黙る恐怖のクリスマスに - GIGAZINE

ロボット開発をめぐるGoogleとDARPAの2大勢力のせめぎ合い - GIGAZINE

in メモ,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.