取材

意外と使える防犯アプリ「Digi Police」のニコ生発表会に行ってきました


2016年3月1日警視庁から犯罪抑止に役立つアプリ「Digi Police」が公開となり、公開1日で1万1千ほどダウンロードされるなど注目を集めています。事件や通報のあった場所が地図で見やすく表示されるなど、意外と使える機能満載のアプリです。このアプリのニコニコ生放送での発表会に行ってきたので、発表会の様子を「一体『Digi Police』は何がすごいのか?」という解説と交えつつまとめてみました。

警視庁犯罪抑止対策本部・防犯アプリ「Digi Police」特設サイト

◆アプリを入手
アプリはiOS用とAndroid用があり、以下のURLからダウンロードすることができます。

Digi Police on the App Store
https://itunes.apple.com/us/app/digi-police/id1079669000

DigiPolice - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.dawncorp.DigiPolice

◆ニコ生発表会の様子レポート
ニコニコ本社のイベントスタジオに到着。


発表会開始10分前、ニコニコ生放送の犯抑チャンネルでの入場が開始となり、放送画面に視聴者からのコメントが流れ始めました。


警視庁犯罪抑止対策本部から中村さんと特殊詐欺被害防止キャラクターの「テワタサナイーヌ」が席につき発表会が始まります。


テワタサナイーヌ(CV:横町藍)自ら司会進行を行います。「私、テワタサナイーヌは現金手渡し型のオレオレ詐欺や架空請求などの特殊詐欺を防ぐため2013年3月に生まれ、『警視庁犯罪抑止対策本部のツイッターアカウント』で日頃から特殊詐欺の被害に遭わないよう呼びかけるなど注意を行っており、2015年7月に晴れて警視庁の公認キャラクターとなりました」


「警視庁防犯アプリのPRに協力するメンバーとして、キャラクター友達のご当地キャラたちが応援に駆けつけました」ということで、ご当地キャラクターたちが呼ばれます。左から大崎一番太郎(東京都品川区大崎駅西口商店会)・きゃらガ~ルゆっこ(岐阜県柳ヶ瀨商店街)、一番右がちっちゃいおっさん(兵庫県尼崎市)です。


メンバーがそろったところでアプリの紹介が開始。会場ではモニターでPowerPointを使いテワタサナイーヌが画面を見ながら説明しています。アプリを立ち上げると表示されるホーム画面から「Map」をタップすると……


地図が表示されます。さらに右上にある「重ね表示」をタップ。


選択メニューが表示されるので「不審者等」をタップします。


情報が寄せられている地域が表示されるので、「地域」をタップします。


通報や事件の内容が表示され、必要であればこの内容をメールですぐに知り合いなどに転送できるメニューもあります。表示される内容は、基本的に不審者情報と事件の情報に関しては過去1か月間に寄せられたものが表示され、特殊詐欺の情報に関しては当日寄せられた情報が表示されるとのこと。


同じ地域で複数の情報が寄せられている場合は色が濃くなり、より注意を促すようになっています。


そのほか、警察署が地図上に表示され通報できたり、最寄りの警察署へのナビが表示される機能もあります。


ゆっこ「スマートフォンを落としてしまったところなんですが、このアプリがあれば安心ですね」とアプリが利用できない状況での例でアピールしてしまいますが、ここはさらっと流します。


続いて「公開捜査」の紹介です。公開捜査の情報一覧が表示されるので、項目をタップします。


すると被疑者の特徴などが詳しく表示され、さらには監視カメラの映像が動画で表示されます。今までは静止画でしか見られなかったケースが多かったのですが、より被疑者の特徴をつかみやすくなっています。


Twitter」では、ツイッターアカウントを持っていなくても犯罪抑止対策本部から最新の情報が見られます。


ここで、画面に緊急入電の表示が入ってきました。内容は「池袋駅周辺で凶器らしきものを持った不審者が、警察官を振り切って逃走中」とのこと。


後ろから声を上げながら凶器らしきものを持った不審者が乱入してきました。


不審者と思われた人物はロップ(東京都日野市)と判明、緊急入電は発表会場だけの模擬訓練用の情報でした。


続いて「詐欺カルタ」の紹介です。特殊詐欺の手口に使われる語句などがカルタとして表示され、同時に ボーカロイド結月ゆかりにより内容が読み上げられます。


テワショット」は、テワタサナイーヌと一緒に写真を撮れる機能です。今後、Digi Policeを使っているとポイントが貯まっていき一緒に撮れるキャラクターが増えていきます。


Digi分署」は、現在のポイントや獲得したキャラクターたちを確認することができます。


「ポイントをためる方法はいろいろ機能を試して発見してください」とのこと。今回は初日にDigi Policeをインストールした人向けの特典として結月ゆかりがDigi分署に加わりました。


Digi Policeの紹介が終わると、TINAMIで行われているTINAMI - 警視庁テワタサナイーヌ・犯罪抑止イラストコンテストの紹介が行われ、発表会は終了となりました。


出演者全員で敬礼。


ホームページやツイッターなどで発信される文字だけの情報では、実際に自分のいる場所から遠いのか近いのかを判断しづらいケースもありますが、地図上で通報や事件のあった地域が表示される機能が実際に使ってみてとても便利でした。警視庁のアプリということで東京都内の情報に限られていますが、東京都内に在住している人だけでなく、仕事や旅行で訪れる人にとっても犯罪防止に役立つアプリとなっています。

・関連記事
苦情殺到&評判最悪のオンラインショップが存続できる恐るべき理由と詐欺に引っかからないための自衛策 - GIGAZINE

国際的詐欺「ナイジェリアの手紙」にだまされてしまう心理学効果とは? - GIGAZINE

ドローンでドローンを捕まえる「ドローンキャッチャー」が登場、実際に捕獲する様子も公開 - GIGAZINE

もしあなたが無人航空機で暗殺されそうになった場合に生き残る22の方法 - GIGAZINE

乱射事件が発生してもすぐに対応できる携帯型防弾ホワイトボード - GIGAZINE

in 取材,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_logmk