ハードウェア

日本から世界初のロボットが農業を行う「自動野菜工場」が誕生へ


高齢化社会の日本で農業の労働力不足を補うアプローチとして、人間の代わりにロボット(=全自動で作業を行う機械)が農作業を行って野菜を育てる工場が京都府に登場する予定です。

Japanese firm to open world’s first robot-run farm | Environment | The Guardian
http://www.theguardian.com/environment/2016/feb/01/japanese-firm-to-open-worlds-first-robot-run-farm

自動化野菜工場について
http://spread.co.jp/vegetable-factory/

「ロボット野菜工場」を開始するのは京都府で植物工場を運営する株式会社スプレッドで、パック詰めの高品質なレタスを提供する野菜工場として、GIGAZINEでも以下のように亀岡プラントの取材を行っています。

ベジタス「野菜工場」亀岡プラントで野菜の安定供給の次世代スタイルを見た - GIGAZINE


そんな株式会社スプレッドが京都府のけいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)にロボットを使った自動野菜工場「けいはんなプラント」を2017年中頃にスタートする予定で、ロボットの導入により、稚苗を植え替える育苗・移植・生育・収穫といった作業を完全自動化できるようになるとのこと。自動野菜工場の運用が始まれば、1日に約3万個のレタスを生産できるようになり、5年以内に1日50万個まで生産数の拡大が計画されています。

スプレッドのグローバルマーケティング部門のマネージャーを務めるJJ Price氏によると、「種子の植え込みは人間の手でする必要があるものの、それ以外のほぼ全てのプロセスが全自動で行われるでしょう」と計画について話しています。工場のスタートにより、既存の亀岡プラントに比べて労働コストは半分になり、LEDライトによってエネルギーコストは3分の1に抑えることができるほか、農作物を育てるために使われる水の98%は再利用されるとのこと。

自動野菜工場を開始するにあたって、スプレッドは「我々の自動野菜工場は、農業の新しいモデルを示すことになります。しかし、私たちの目的は人間の農家を置き換えることが目的ではなく、人間と機械が共に働ける新しいシステムを開発することで、特に若い人たちの農業に対する関心を高めたいのです」と語っています。

・関連記事
ベジタス「野菜工場」亀岡プラントで野菜の安定供給の次世代スタイルを見た - GIGAZINE

自販機で売っているりんご「アップルスイーツ」がどんな味なのか食べてみました - GIGAZINE

実際に食べられそうなくらいリアルな海老天とレタスの食品サンプルを手作りしてきました - GIGAZINE

ものすごい勢いでロボットに駆逐されてしまう13種類の職業 - GIGAZINE

Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ - GIGAZINE

1600年代に行われていた街中の壁を利用した農業「フルーツ・ウォール」 - GIGAZINE

家の庭や砂漠でさえも肥沃な土地に変えることができる方法とは? - GIGAZINE

in ハードウェア,   , Posted by darkhorse_log