メモ

Intelがドローンの開発メーカーを買収、ドローンにもインテルはいってる状態を目指す


半導体大手のIntelが、ドローン用プログラムを開発するスタートアップAscending Technologiesを買収すると発表しました。コンピューター用CPU市場の次にIntelが狙いを定めたのは、なんとドローン市場のようです。

Intel Acquires Ascending Technologies - Technology@Intel
http://blogs.intel.com/technology/2016/01/intel-acquires-asctec/

IntelはCES 2015のキーノートスピーチで、衝突することなく飛行できるドローン技術を紹介していました。ここで使われた自動衝突回避ドローンのソフトウェアを開発していたのが、今回買収されたドイツを本拠にするスタートアップAscending Technologiesです。

Intel発表の「すぐそこにある未来」のコンピューティング技術まとめ - GIGAZINE


Ascending Technologiesは主にドローンを開発する企業向けにドローンの飛行プログラムを開発するスタートアップで、測量用ドローンの飛行ソフトウェアや周囲の状況を認識して衝突を回避する「sense and avoid」アルゴリズムなど自動飛行プログラムを開発してきました。


昨年の時点でIntelとAscending Technologiesは出資を伴わないパートナーシップを締結しており、Intelが開発した「depth(奥行き)」を検出できるカメラ技術「RealSense」はAscending Technologiesに提供され、この技術的なパートナーシップの成果物として完成したのが衝突回避ドローンだったというわけです。


IntelはAscending Technologiesの買収額などについて明らかにしていませんが、買収後もAscending Technologiesの独立性はある程度は保たれる模様で、現在、Ascending Technologiesがドローン用プログラムを提供する提携先企業へのサポートは継続されるとのこと。Ascending TechnologiesのチームはIntelのPerceptual Computing(知覚コンピューティング)チームと協力してドローン用の技術開発を行っていくと述べています。

ドローンの活用についてはGoogleAmazonなどさまざまなIT企業が参入を発表しており、モバイル用半導体市場でIntelの直接的なライバルとなっているQualcommも、先日、ドローン用のメインボード「Snapdragon Flight」を発表してドローン市場への参戦を明らかにしています。

自律飛行可能なドローンを低価格で開発できる「Snapdragon Flight」を使用した次世代ドローンのデモムービー - GIGAZINE


Intelは拡大するドローン市場を、縮小するCPU市場を代替する有望市場と見据えているのか、Intelの今後の動向が注目を集めそうです。Intelは現地時間の2016年1月5日に開催されるCES 2016プレショーでブライアン・クルザニッチCEOによる基調講演を予定しており、この中でドローン開発の展望について明らかにする可能性があります。

・つづき
Intelが衝突することなく4K画質で自撮り可能な自動追従ドローンを発表 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Intel発表の「すぐそこにある未来」のコンピューティング技術まとめ - GIGAZINE

30分以内の配達を実現するAmazonの配達ドローンが劇的進化、着陸方法など最新版ムービー公開 - GIGAZINE

Googleのドローン配達は数年以内に運用スタートか - GIGAZINE

ムーアの法則に黄色信号点滅、Intelの10nmプロセス移行の遅れが確実に - GIGAZINE

IntelがiPhone向けチップを製造か、1000人規模の人員を投入していることが判明 - GIGAZINE

Intelが新SoC「Atom x3」でライバルのARMグラフィックチップを採用した理由とは? - GIGAZINE

in メモ,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.