メモ

ダークナイトみたいに自動車から一輪車へ変形する車両の特許をフォードが取得


映画「ダークナイト」の劇中でバットマンが乗っていた自動車のバットモービルは、タイヤが車体から分離してバットポッドという二輪車に変形するギミックが搭載されていました。そのバットポッドに非常に似ているマシンの特許をフォードが取得していたことが判明し、その謎のマシンのメカニズムが明らかになっています。

United States Patent: 9211932

Ford has patented a car that can separate into a motorcycle just like Batmobile in the blockbuster movie “The Dark Knight” – PatentYogi
http://patentyogi.com/american-inventor/ford-has-patented-a-car-that-can-separate-into-a-motorcycle-just-like-batmobile-in-the-blockbuster-movie-the-dark-knight/

フォードが申請していた特許は「SELF-PROPELLED UNICYCLE ENGAGEBLE WITH VEHICLE」というもので、直訳すると「自動車と連動可能な自走式一輪車」という意味になります。フォードが特許を申請したのは2015年6月のことで、申請されていた特許出願が12月15日に公開されたことで詳細が明らかになりました。


特許の内容は、自動車から分離した後輪にシートを装着させ一輪車として動作させるというもの。以下の図を見ると、停車した自動車の左後輪付近から、車体を浮かすためのスタンド(46)が伸びているのがわかります。車体を浮かしてから左後輪を取り外し、その上にトランク内にあったハンドルが一体化したシートのようなものを装着させるというわけです。なお、車体を浮かして後輪を取り外すという行程は、全自動で行われるとのこと。


ハンドルが一体化したシートを後輪の上に装着させたのが以下の図。この一輪車は電気モーター、バッテリー、フットレストを搭載し、サイズのコンパクトさから都市部における渋滞の緩和が期待されており、渋滞に遭遇したら自動車を駐車して一輪車に乗り換えるといった使い方ができそうです。


また、別の画像からはハンドルの下部にタブレット端末を搭載できる様子が見て取れます。


特許の内容が判明した自走式一輪車が果たして市販されるのかは不明ですが、自動車から一輪車が分離するギミックの動作を早く見てみたいところ。なお、映画「ダークナイト」でバットモービルからバットポッドが分離して走り出す様子は以下のムービーから確認できます。

THE DARK KNIGHT Bat Pod Sequence - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホに使われるゴリラガラスがフォードのスーパーカー「フォードGT」に採用される - GIGAZINE

映画「ダークナイト」に登場した特殊なバイク「バットポッド」が販売中 - GIGAZINE

セルフドライビングカー事業でGoogleとフォードがジョイントベンチャー設立へ - GIGAZINE

全自動でドリフト走行できるデロリアン「MARTY」をスタンフォード大学が公開 - GIGAZINE

ダークナイト「バットマン」と超人「スーパーマン」が激突する「バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」がなんと予定前倒しで公式予告編を公開 - GIGAZINE

in メモ,   ハードウェア,   乗り物, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.