乗り物

セルフドライビングカー事業でGoogleとフォードがジョイントベンチャー設立へ


市販もそう遠くないところまで来ている印象のある「セルフドライビングカー(自動運転カー)」の主要な開発元であるGoogleが、大手自動車メーカー・フォードとジョイントベンチャーを設立する予定であることが明らかになりました。

Google Pairs With Ford To Build Self-Driving Cars
https://www.yahoo.com/autos/google-pairs-with-ford-to-1326344237400118.html


Yahoo!AUTOSがこの計画に詳しい情報筋から得た情報によると、このジョイントベンチャー設立は2016年1月に開催される世界最大級の家電見本市・CES 2016で発表される予定になっているとのこと。

Googleは検索エンジン大手ではあっても自動車メーカーではないので、セルフドライビングカーを作るにあたっての製造ノウハウや工場など数年で数千億円規模の投資が必要になるところですが、フォードとの提携でこれをクリアすることができます。2015年初頭には、Googleのサーゲイ・ブリンCEOが、セルフドライビングカーの駆動系統を製造してくれるパートナーを探していたことが報じられており、フォードは当然この条件を満たしています。


一方で、フォードは12月15日、カリフォルニア州の公道でセルフドライビングカーの走行試験を始めることを発表したところ。日産やボルボ、メルセデスベンツなど、自動車メーカーや自動車部品メーカーがセルフドライビングカーを2020年までに実用化すべく研究・開発を進めているという状況の中、自社製セルフドライビングカーの公道テストを繰り返しているGoogleと手を結ぶことで、一気にこの分野で最前線に追いつくことになります。

Ford to Begin Autonomous Vehicle Testing on California Roads; Silicon Valley Lab Accelerates Smart Mobility Plan | Ford Media Center
https://media.ford.com/content/fordmedia/fna/us/en/news/2015/12/15/ford-to-begin-autonomous-vehicle-testing-on-california-roads.html


Googleとフォードとの間には、元フォードCEOのアラン・ムラーリー氏がGoogle入りしたり、セルフドライビングカー計画のジョン・クラフチック氏がフォードに14年間在籍していたりと、すでに繋がりがあることが知られています。

この件について、Googleはノーコメント、フォードの広報担当者アラン・ホール氏は「推測に関してのコメントはしない」と語りました。なお、ジョイントベンチャーは責任関係からフォードを外すために、法律上、別個のものとして作られる予定。また、非独占的契約なので、Googleのセルフドライビングシステムが他の自動車メーカーで用いられる可能性があるとのこと。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自動運転カーは年間43兆円のコストと90%のけが人を減らせると試算される - GIGAZINE

セルフドライビングカーは2035年には乗用車の75%を占めるようになる - GIGAZINE

Googleのセルフドライビングカーに歩行者に向けて情報表示する機能がつく可能性 - GIGAZINE

Googleのセルフドライビングカーが「遅すぎる」として警察に止められていた事が判明 - GIGAZINE

Googleが事故記録を含むセルフドライビングカーのマンスリーレポートを公開へ - GIGAZINE

スマホに使われるゴリラガラスがフォードのスーパーカー「フォードGT」に採用される - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.