3種の濃厚なチョコをたっぷり積み重ねたパブロのクリスマス限定「ノエルチョコチーズタルト」


焼きたての濃厚なチーズタルトを提供するパブロは、クリスマスシーズンに合わせて3種類のチョコレートを使った「ノエルチョコチーズタルト」を12月20日(日)から12月25日(金)までの6日間限定で提供します。この時期を逃したらもう食べられないかもしれないチョコチーズタルトということで、発売日に合わせてさっそく食べてみることにしました。

濃厚チョコの3種の美味しさ。ノエルチョコチーズタルト-クリスマス限定チーズタルト
http://www.pablo3.com/cheese-tart/noelchoco-cheese-tart.html


パブロに到着。


店頭のショーケースにも、ノエルチョコチーズタルトが陳列されていました。


いつものように、チーズタルトが入った箱はズッシリとした重み。さっそく開けてみます。


箱の中には、チーズタルトと細いキャンドル、そしてクリスマスデコレーションが別添で入れられていました。


デコレーションをプスッと刺して、ノエルチョコチーズタルトの完成です。


濃厚なダークブブラウンのチョコレートの上に、「Merry Christmas」のプレート、ゴールドのパウダー、そして銀色に光るアラザンがトッピングされています。


さらにクリスマス気分を盛り上げるクリスマスデコレーション。残念ながら食べることはできませんでした。


三角形にカットしてみるとこんな感じ。サクッとしたタルト生地の上には、下からチョコチーズタルト生地、チョコクリーム、一番上にチョコグラサージュという3層構造となっており、まさにチョコレートづくし。色合いもキレイなグラデーションになっています。


味のほうも、チョコの味わいを思う存分感じられる仕上がり。濃厚な3種のチョコの口当たりと甘さをたっぷりと味わうことができ、チョコ好きならもうたまらない一品。チーズが入って少し酸味も感じるチョコチーズタルト生地のおかげか、意外にも甘さは控えめになっており、甘ったるい感じはないのでバクバクと食べてしまいそう。


時おり感じる「サクッ」とした歯ごたえは、生地の底に並べられたクルミの食感でしょうか。3種のチョコのとろけるような濃厚さと、タルト生地とクルミの軽やかな歯ごたえを楽しめるタルトになっていました。


添えられているキャンドルに火を灯すと、さらにクリスマスの雰囲気がアップ。ノエルチョコチーズタルトは12月25日(金)までパブロの各店頭のみで販売されていますが、数量限定のため売り切れの可能性もあるとのことです。

・関連記事
濃厚ホットチョコにチーズ生クリームをふわとろエスプーマにしたぜいたくなホットドリンクなどパブロカフェの冬のホットドリンク3種を飲んでみた - GIGAZINE

PABLOのふわとろチーズタルトが手のひらサイズで楽しめる「PABLO mini(パブロミニ)」を食べてみた - GIGAZINE

生チョコをスライスチーズみたいなシート状にした「スライス生チョコレート」を使ってアレコレ作ってみた - GIGAZINE

明治製菓の「56種類のチョコレート」を命がけで全部食べてみた~前編~ - GIGAZINE

「うなぎパイ」がチョコまみれになった「4種のうなぎパイ&メルティングショコラ」を期間限定のうなぎパイ専門店で食べてみた - GIGAZINE

クリスマス限定クリーム&フルーツもりもりの「クリスマスパンケーキ」をクア・アイナで食べてきた - GIGAZINE

クリスマスカラーのフルーツてんこ盛りフレンチトースト「ベリークリスマス」をIVORISHで食べてみました - GIGAZINE

火炎放射器付きドローンを自作してクリスマス用に七面鳥の丸焼きを調理 - GIGAZINE

ショートケーキの再現度の高さに驚く「ポテトチップス 苺のショートケーキ味」を一足先に試食レビュー - GIGAZINE

クリスマスのイルミネーションがネット速度を遅くしている可能性 - GIGAZINE 

in 試食, Posted by logx_tm