モバイル

Samsung「Galaxy S7」のベンチマーク結果がさっそくリークされ前モデルからスコアを大きく伸ばしていることが明らかに


Samsungの次期フラグシップ機「Galaxy S7」では、内蔵チップセットが3種類用意されるのではと発表前からされています。内蔵チップが異なる3つのGalaxy S7のうち、2つがSamsungの独自開発SoCであるExynosを搭載し、残るひとつはクアルコムの「Snapdragon 820」を搭載するともいわれているのですが、さっそく内蔵チップのベンチマーク結果がリークされています。

Samsung Galaxy S7 benchmarks allegedly appear on Geekbench
http://www.neowin.net/news/samsung-galaxy-s7-benchmarks-allegedly-appear-on-geekbench


「Galaxy S7のベンチマーク結果が公開されている」と報じているのは、IT系ニュースメディアのNeowin。公開されているベンチマーク結果はプロセッサのベンチマークサービスである「Geekbench」で計測したもので、Exynos搭載モデルのひとつの数値が明らかになっています。ベンチマークテストが行われたのは「Exynos 8890」で、結果はシングルコアのスコアが「2294」マルチコアが「6908」。

さらに、Snapdragon 820を搭載するGalaxy S7のベンチマーク結果も公開されています。ベンチマーク結果は「中国版Twitter」とも呼ばれるWeiboからリークされた情報。これによると、Snapdragon 820搭載モデルのスコアはシングルコアが「2456」、マルチコアが「5423」。なお、Neowinはこちらのベンチマーク結果については「真偽は疑わしい」と前置きしています。


Galaxy S7と競合端末となるであろうiPhone 6s Plus、さらに11月にリリースされたばかりのiPad ProのGeekbenchでのベンチマーク結果をまとめたのが以下の表。シングルコアのスコアが最も高いのはタブレットのiPad Pro、続いてiPhone 6s Plus、Galaxy S7(Snapdragon 820)、Galaxy S7(Exynos 8890)の順番ですが、スマートフォン3端末のスコアに大きな差はなし。マルチコアのスコアは何とGalaxy S7(Exynos 8890)が最も高い「6908」で、以下iPad Pro、Galaxy S7(Snapdragon 820)、iPhone 6s Plusと続いています。


なお、IT系ニュースメディアのMashableがiPhone 6s Plus発売時に掲載したレビュー記事にあるGeekbenchのベンチマーク結果を見ると、iPhone 6 Plus(真ん中)がシングルコア「1605」マルチコア「2882」、そしてGalaxy S7のひとつ前のモデルに当たる「Galaxy S6 Edge+(右)」のスコアはシングルコア「1052」マルチコア「4186」となっており、前モデルから大幅にスコアを伸ばしていることが分かります。


もちろんこれらのスコアが実際の端末の使用感をすべて表しているわけではないので「話半分で考えておくべき」とNeowinは綴っています。

Snapdragon 820搭載モデルはアメリカと中国でリリースされ、Exynos 8890搭載モデルは韓国・日本・ヨーロッパでリリースされると噂されており、もうひとつのExynosである「Exynos 7422」と呼ばれるSoCを搭載するGalaxy S7はインド市場をターゲットにしたものと予測されています。なお、「Exynos 7422」はGalaxy Note 5に搭載されていたSoCです。

・おまけ
中国のスマートフォンケースメーカーであるITSKINSから、Galaxy S7のレンダリング画像と思しきものが流出しています。

Samsung Galaxy S7 design allegedly revealed, Galaxy S7 Plus could sport a 6-inch screen
http://www.phonearena.com/news/Samsung-Galaxy-S7-design-allegedly-revealed-Galaxy-S7-Plus-could-sport-a-6-inch-screen_id76448


リークされた画像がこれ。パッと見た感じはGalaxy S6と非常に似たデザイン。


背面のメインカメラが出っ張ったデザインも引き続き採用されている模様。


リークされた情報によると、Galaxy S7のサイズは縦143.37mm×幅70.8mm×薄さ6.94mm、Galaxy S7 Plusは縦163.32mm×幅82.01mm×薄さ7.82mmになるとのこと。なお、Galaxy S6のサイズは縦143mm×幅71mm×薄さ6.8mmだったので、リーク情報が正しければGalaxy S7は若干端末が厚くなるようです。

・関連記事
両側曲面ディスプレイ&独自開発64bitオクタコアSoC搭載の「Galaxy S6 edge」レビュー - GIGAZINE

Nexus 6P&5Xのベンチマークを歴代のNexusシリーズ5/6/7/9と比較 - GIGAZINE

「iPhone 6s/6s Plus」をベンチマークテストして旧モデルやiPadと比較してみた - GIGAZINE

8コア&4GBメモリの強力性能のペン付きスマホの新型フラッグシップ「Galaxy Note 5」が登場 - GIGAZINE

Galaxy Note 5のSペンが抜けなくなるというトラブルにSamsungは「説明書を読むべき」と反論 - GIGAZINE

ついに出た最新鋭フラッグシップ端末「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」のウリはどこなのかまとめ - GIGAZINE

in モバイル, Posted by logu_ii