×
メモ

ネットの全帯域の70%がムービーの配信に占領されているという報告


ネットユーザーの利用動向について調査するSandvineが、北米のインターネット利用者が占有するインターネット帯域についてのレポートをまとめました。その中で、固定回線のブロードバンド利用者の多くがムービーのストリーミング配信に帯域を使用していることが明らかになっています。

Streaming Video Is 70 Percent of Broadband Use – Sandvine | Re/code
http://recode.net/2015/12/07/streaming-video-now-accounts-for-70-percent-of-broadband-usage/

これはネット利用がもっとも盛んに行われるピークタイムである「夕方」の、帯域に占める用途トップ5とそれ以外(6位以下)の割合を示したグラフ。注目すべきはダウンロード(中央)のグラフで、全体の7割以上を「Real-Time Entertainment」が占めています。Real-Time Entertainmentはムービーを中心としたストリーミング配信のことで、Netflixなどのストリーミングムービーが大流行するアメリカでは、大半の帯域がストリーミング配信に消費されていることが分かります。


具体的なダウンロード先は、1位がNetflix、2位がYouTubeで、この2強で帯域の半分以上を占めている模様。それ以降にも4位のAmazon Video、7位のHuluなどストリーミングムービーのコンテンツが上位にひしめいています。


一方、モバイル通信に占める帯域占有状況はこんな感じ。Real-Time Entertainmentはダウンロードの約4割を占めており、その中心はYouTubeとのこと。


内訳を見ると、約20%のYouTubeがトップで、約16%がFacebook。ストリーミングムービーとSNSの各トップコンテンツが、帯域を大きく占めているようです。


ネット配信でTVを視聴するスタイルがすっかり定着した北米ほどではないにせよ、日本でもストリーミングムービーの視聴に多くの帯域が使われていることは想像に難くありません。今後、4Kムービーが主流になればさらにこの比率は高まることも予想され、快適な回線利用のためにムービーの圧縮技術などの開発が不可欠と言えそうです。

・関連記事
興収を重要視する映画ビジネスに革命を起こすかもしれない「Netflix」の戦略とは? - GIGAZINE

Amazonが4K映像で撮影したコンテンツを独自チャンネルで配信すると発表 - GIGAZINE

NetflixやHuluなどの配信サービスの月額料金に対する課税に反対した市民が市を提訴 - GIGAZINE

NetflixやAmazonの4Kコンテンツの海賊版が流通し始めていると判明 - GIGAZINE

AppleがHuluやNetflixに対抗してオリジナル映像コンテンツの配信を模索中 - GIGAZINE

音楽ストリーミング「Spotify」はどうやって音楽業界に貢献しているのか? - GIGAZINE

無料で5万曲の音楽をクラウドに保存可能&月額980円で3500万曲以上が聴きたい放題な「Google Play Music」が日本でもついにサービス提供開始 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to