レビュー

紙に描く感覚でディスプレイに絵を描ける新型「Surfaceペン」でお絵かきしてみた


Surface Pro 4用スタイラス「Surfaceペン」は、実に1024段階の筆圧感知を備えており、旧モデルの250段階筆圧検知に比べて格段にパワーアップしています。そんな新型Surfaceペンをイラストレーターに使ってもらい、Surface Pro 4と新型Surfaceペンがイラスト制作に耐えうるかどうか、描き味や使い心地を確かめてもらいました。

Surface タブレット ペン - ドキュメントにデジタルに文字を書いたり、絵を描いたり、印を付けたりできます。
https://www.microsoft.com/surface/ja-jp/accessories/pen


「Surfaceペン」の基本的な使い方やペン先の交換方法などは、以下の記事で詳しくレビューしています。

1024段階の筆圧感知と「消しゴム」トップボタン採用のSurface Pro 4の新型「Surfaceペン」をチェックしてみた - GIGAZINE



GIGAZINEのトップ画を描いてもらっているmeraさんにSurface Pro 4と新型Surfaceペンを試してもらったところ、まず初めに飛び出した感想は「端末の重量が軽い」ということ。Surface Pro 4本体の重量は約786gで、meraさんが普段イラスト制作に使用している約1210gの「VAIO Z Canvas」よりもかなり軽く、外出先でノートPCとして使うことも考えるとSurface Pro 4は持ち運びやすいと感じたとのこと。


外観をチェックした後、Microsoft製のペイントアプリ「Fresh Paint」を使ってイラストを試し描きしてもらいました。お絵かきの様子は、以下のムービーで見ることができます。

新型Surfaceペン&Surface Pro 4でお絵かき - YouTube


オオサンショウウオのイラストをサクサク描いている最中に感想を聞いたところ、「描画のタイムラグがほとんどなく、紙に描いているように直感的に描けるのがいい」とのこと。また、Apple Pencil&iPad Proの組み合わせと比べると、Surfaceペン&Surface Pro 4は画面に手が触れた際の誤タップがほとんどなく、Surfaceペンに軍配ありと語っていました。


Surfaceペンは使用用途に合わせて「B」「HB」「H」「2H」の4種類のペン先が用意されていて、meraさんはペン先が固めでディスプレイをなめらかに滑らせやすい「H」が好みだそうです。


続いては色塗りを試してもらいました。meraさんがイラストに色を塗っている様子は、以下のムービーから見ることができます。

新型Surfaceペン&Surface Pro 4で描いたイラストに色を塗る - YouTube


meraさんによればイラスト制作に重要な要素のひとつが「画面の色温度」で、Surfaceペン&Surface Pro 4は描き味こそ悪くないものの、デフォルト設定だと画面の色温度が緑に寄っているのが致命的と語っていました。Windowsの設定からディスプレイを調整することは可能ですが、初期状態で画面色を厳密に調整してあるiPad ProやVAIO Z Canvasに比べるとやや使いにくいと感じたそうです。


完成したイラストはこんな感じ。芋虫スナイパーならぬ「芋リッター」に一体どれほど痛い目を見せられたのか……。


また、meraさんがSurfaceペン&Surface Pro 4でお絵かきする様子を早送りで見ると以下のようになっています。

新型Surfaceペン&Surface Pro 4でお絵かきする早送りムービー - YouTube


わずか15分ほどの早業でイラストが完成。新型Surfaceペンでパワーアップした1024段階の筆圧感知機能に関しては「しばらく使い込んでみないと何とも言えないけど、Surfaceシリーズでは『Surface Pro 3』あたりから筆圧の調節機能が落ちている感覚がある」とコメントしていました。


イラスト制作マシンの選択肢としてのSurfaceペン&Surface Pro 4の評価は「外に持ち運ぶことを考えるとアリ」で、ノートPCとしても使いやすいという印象を受けたとのこと。同じノートPCで比較すると、主にイラスト制作用のマシンとして使うならば「VAIO Z Canvasがいい」とのことでしたが、iPad ProとSurface Pro 4を使い比べた結果、「どちらも大画面で解像度もよく、端末の軽さも申し分ないので、イラストをササッと描く分にはどちらも使いやすそう」と評価していました。

なお、SurfaceペンはSurface Pro 4を購入するとアクセサリとして付属していますが、単品での購入も可能で、Microsoft Storeでの価格は税込8424円となっています。

Microsoft Surface ペンを購入 - Microsoft Store 日本
http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/pdp/productID.326555600

・関連記事
さらに薄く・軽くなったWindows 10搭載のプレミアム・タブレットPC「Surface Pro 4」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

Apple初のスタイラスペン「Apple Pencil」を使ってiPad Proでお絵かきレビュー - GIGAZINE

Apple PencilとSurface Penのトラッキング性能を比較 - GIGAZINE

ワコム製のiPad用筆圧対応スタイラスペン「Intuos Creative Stylus 2」使用レビュー - GIGAZINE

ペン先の透明ディスクでイラスト描画にも使える正確性を実現したスタイラス「Jot Pro」「Jot Mini」を使ってみた - GIGAZINE

Adobeのお絵かきアプリ「Adobe Sketch」と一緒に使えるスタイラス「Jot Touch with Pixelpoint」を使ってみました - GIGAZINE

「うん。欲しい」とクリエイターをうならせるVAIOのモンスタータブレットPC「VAIO Z Canvas」でお絵かきするとこうなる - GIGAZINE

マルチタッチ対応でお絵かきできる13インチの液晶タブレット「Cintiq 13 HD Touch」を使ってみました - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log