取材

ホワイトタイガーやワニが生活する空間でごはんを食べられるカフェ「イート・イート・イート」


2015年11月19日(木)にオープンする「生きているミュージアム ニフレル」の中にはカフェがあり、自然光が差し込む開放的な空間でおしゃれな雰囲気がぷんぷん漂う食べ物や飲み物が提供されるののですが、カフェが設置されているのがホワイトタイガーやワニが生活している場所のど真ん中とのことなので、どんな感じなのが見てきました。

生きているミュージアム ニフレル
http://www.nifrel.jp/shop/cafe.html

「みずべにふれる」ゾーンからは建物の2階で展示が行われています。


まずは近未来的な不思議な空間に到着。


この部屋も、水槽は筒状のものが部屋のあちこちに置かれています。


「川にすみ 産卵以外は 上陸せず」ということで、この水槽にいたのはスッポンモドキ。別名はブタバナガメとあって、鼻の形が特徴的です。


男性がじーっと水槽を見つめているので「一体何だろう」と思って水槽の中をのぞいてみました。


草木が生い茂っており、何もいないように見えますが……


実はエボシカメレオンが天井部分に隠れていました。


さらにこの水槽には……


プロトプテルスエチオピクス。「生きた化石」と呼ばれるハイギョの一種で、幼体の時はえら呼吸、大きくなると肺呼吸で生活します。


名前の由来が一瞬で分かるマルメタピオカガエルもいました。


口が大きく、きもかわいい見た目です。


さらに進んでいくと、今度は大きなガラス張りの水槽がある空間へ。


化石のように動かないイリエワニ。


イリエワニがいかに動かないのかは以下のムービーから確認可能です。

ワニ目 クロコダイル科 イリエワニ、化石か?と思うぐらいに動かない、じー - YouTube


「生きているんだろうか……?」と思ってじーっと見ていると、ついにイリエワニが動き出しました。

動かないイリエワニ、ついに動く - YouTube


また、実はイリエワニはもう一匹いたのですが、そのワニも化石のように微動だにしませんでした。

別の動かないイリエワニ、微動だにしない - YouTube


そして呼吸のため、ついに水面へ浮上するイリエワニの貴重な動く瞬間 - YouTube


別の水槽では、水の中を見つめつつ大きな生き物を発見できないでいると……


陸地の部分にホワイトタイガーがいました。ホワイトタイガーはずっとおりの入り口付近を行ったり来たりして、おうちに帰りたそうでした。


ムービーは以下から確認できます。

神経質に動き回るホワイトタイガー(ベンガルトラ) - YouTube


孤独に泳ぐピラルク、地上ではホワイトタイガーがおうちに帰りたいよぅみたいな顔をしてウロウロしている - YouTube


水の中にはピラルクやブリストルノーズプレコといった、熱帯の生き物も泳いでいます。


ホワイトタイガーの生活の場所のすぐ隣には、食べ物などが購入できるスタンドがありました。


サンドイッチなどが詰め合わせにされた「ピクニックバスケット」やカレー、ハンバーガー、ホットドッグなど、メニューは豊富です。


なお、ペットボトル不要の「食べる水」もこのスペースで購入できます。

ペットボトル不要のぷるぷるで持ち運べるOohoっぽい「食べる水」を海遊館プロデュースの「ニフレル」で食べてみた - GIGAZINE



カフェスペースはこんな感じ。天井が高く、たくさんの窓から自然光がさんさんと注ぐ開放的な空間です。


子ども用の小さな机&イスや絵本なども置かれていました。


メニューの一例が撮影用としてテーブルに置かれていたので、見てみます。


これがピクニックバスケット。サンドイッチ各種・フライドチキン・ポテト・サラダ・フレッシュフルーツ・ドリンク3種がセットになって4000円とのこと。


ホットドッグのフレッシュオニオンは550円。


金属製のカップに入ったストロベリースプリッツァーは600円。


よく見るとライスがワニの顔になっているワニカレーは1000円です。


カフェスペースの真横にはさらに水槽があり、2人組が水の下をのぞきこんでいました。


水中の中には世界三大珍獣のミニカバ。水の中でひたすらじっとしており、時折鼻先だけを水面に出して呼吸してまた水中へ……という見事なひきこもりっぷりでした。


・つづき
悶絶するほどカワイイ動物たちの世界にお邪魔できる「ニフレル」の新体験ゾーン「うごきにふれる」 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
EXPOCITY(エキスポシティ)全記事一覧まとめ、全305店舗と8つの大型エンターテインメント施設の「ららぽーとEXPOCITY」 - GIGAZINE

100円で朝ごはんを食べながらイルカに癒やされる「京の100円朝ごはん」 - GIGAZINE

おさわりOKな「横浜亜熱帯茶館」で中国茶を満喫しつつ自由すぎるハ虫類たちと触れ合ってきました - GIGAZINE

心ゆくまでフクロウと触れあえる「フクロウのみせ大阪店」に行ってきました - GIGAZINE

時間制限なしで犬・猫・ウサギ・フクロウ・アルパカ・カンガルー・カピバラ・カメなどあらゆる動物とふれあい放題の「天保山アニパ」へ行ってきました - GIGAZINE

お腹を空かせたリスたちが飛びかかってくるリスオンリーの動物園「リス村」へ行ってきた - GIGAZINE

突っ込み所がありすぎるデリーの動物園に行ってきました - GIGAZINE

攻撃はネコパンチのみ、ワニにネコが戦いを挑む緊張感あふれるムービー - GIGAZINE

陸に打ち上げられた魚を助けるワニのムービー - GIGAZINE

トラの赤ちゃんにミルクを飲ませるチンパンジー、仲むつまじい様子も - GIGAZINE

in 取材,   生き物,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.