かめば「サクッ」と音がするシュー生地にイチゴ・チョコ・アーモンドのクリームを挟んだミスドの期間限定「ミスターパリブレスト」を食べてみました


自転車レースのパリ・ブレスト・パリの開催を祝して100年以上前にフランスで作られた伝統菓子がパリ・ブレスト。ミスタードーナツは2015年11月10日(火)から、このパリ・ブレストをアレンジした「ミスターパリブレスト」の提供を開始しており、クリスマス限定で2種類のホイップクリームを挟んだぜいたくなスイーツが食べられるとのことなので、さっそくお店に行ってきました。

ミスターパリブレスト|新商品|ミスタードーナツ
https://www.misterdonut.jp/m_menu/new/151110_001/index.html

ミスタードーナツに到着。


お店に入って、さっそく注文を行います。


到着した商品がコレ。左からチョコブラウニー、ストロベリー、アマンドです。


まずは表面にチョコソースと粉砂糖がかけられたチョコブラウニーから食べていきます。


名前の通り、シュー生地の上にはホイップクリームとともにブラウニーがのせられています。


横から見てみると、生地と生地の間にホイップクリームとチョコレートホイップが挟まれていました。


パカリと上にのせられているシュー生地を外してみると、こんな感じ。


シュー生地は歯を立てると「サクッ」と音がするほどに軽い仕上がり。やや固めでしっかりした食感のホイップクリームや、ねっとりした舌触りのチョコレートホイップなど、一口食べると口の中でいろんな要素が混ざり合います。シュー生地に甘さはないのですが、チョコレートホイップやホイップクリームの甘さがやや強いので、全体的には甘すぎず、味気なさ過ぎず、ほどよい甘さに感じました。


トッピングのブラウニーは片面がチョコレートでコーティングしてあり、ほんのりと洋酒の味。チョコレート好きを満足させる仕上がりです。


次はストロベリー。これは生地の表面にホイップクリーム・粉砂糖・ドライストロベリー・ストロベリーチョコがトッピングされています。


ぱかりと上のシュー生地を外してみると、中にはストロベリーホイップ・ドライブルーベリー・ホイップクリーム。


食べてみると、これも表面のサクサクとしたシュー生地が楽しめます。ストロベリーホイップがかなり甘いので、チョコブラウニーよりも甘い物が好きな人向けという感じですが、ドライストロベリーやドライブルーベリーが酸味をプラスしているため、くどさは感じません。これもホイップクリームはやや固めで、口の中で滑らかに溶けていくミルキーな甘さが楽しめました。


最後はアマンド。


アマンドはシュー生地の表面がシュガーコーティングされており、ホイップクリームとスライスアーモンドがトッピングされています。


パカリとシュー生地を外してみると、中にはアーモンドホイップとホイップクリームが並んでいました。


食べてみると、サクサクのシュー生地の中にアーモンドクリームの香ばしさを感じます。もともと、パリ・ブレストは生地の間にプラリネを加えたアーモンド風味のバタークリームを挟んだ食べ物なので、これが一番原型に近いのかも。パリパリとしたスライスアーモンドの食感もよく、見た目は一番地味ですが、コーヒーによく合いそうなバランスのよい仕上がりになっていました。


なお、パリ・ブレストの3品はいずれも税込216円。パリ・ブレストと同時にホリデーシーズンの定番「ポン・デ・リース」も登場しており、クリスマスを一足先に味わいたい人にオススメです。

・関連記事
中世の城にタイムスリップしたかのような気分になる異空間の「スターバックス Capucines」で優雅な朝食を食べてきた - GIGAZINE

1000円台でバターのように溶ける巨大な生フォアグラが食べられるフォアグラ専門店「Au petit Sud Ouest」に行ってきました - GIGAZINE

上質なフランス料理がレーンを回ってくる「回転フランス料理」に行ってきた - GIGAZINE

さくさくで濃厚な2種類のパイ生地にジューシーな肉の塊がごろっと入ったミートパイなど、日本初「パイフェイス」試食レビュー - GIGAZINE

パイ生地の食感がする「クロワッサンたい焼」を食べてみました - GIGAZINE

クロワッサンドーナツ専門店「アンジェリークNY」がオープンしたのでドーナツ9種類を食べ尽くしてみた - GIGAZINE

クロワッサン生地を特殊手法で揚げた「ニューヨーククロワッサンドーナツ」はザクッと新食感 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa